旧市役所で「サバゲー」に賛否 世界情勢に...「不謹慎」の声 市長が参加取りやめ表明

旧市役所で「サバゲー」に賛否 世界情勢に...「不謹慎」の声 市長が参加取りやめ表明

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2023/11/22
No image

市役所でのサバイバルゲーム開催をめぐり、賛否の声が上がっている。

新庁舎開庁にともない、11月末に解体予定の静岡・島田市の旧市役所。

解体を知った運営会社が、島田市にサバゲー企画を提案。
26日の開催が決定した。

その名も「島田市役所旧庁舎ファイナルゲーム!! 要人救出大作戦!!」。

サバゲー運営会社 スペシャルフォース・美濃部哲平代表「市役所の旧庁舎とはいえ、普段そんなところで遊びとか(サバイバル)ゲームができるのは、ほぼ考えられない。許可していただいた島田市役所の方々にすごく感謝しています」

敵と味方に分かれエアガンで撃ち合い、近年、人気が高まっているサバイバルゲーム。

今回は、旧庁舎の2階と3階を舞台に、50人ずつチームに分かれ、片方のチームが要人を救出し、脱出させる内容。
市長も参加する予定だ。

ところが、反対の声も。

島田市・森伸一議員「戦闘が行われているときに(サバゲー)やっちゃうと連想させる。庁舎の解体イベントでやっていいものなのか疑問」

イスラエルとハマスの戦闘などが続く中、市役所で「戦争を連想するイベントは不謹慎だ」とし、21日、一部の市議などが中止を求める要望書を市に提出した。

反対「面白くやるんでしょうけど、なんか嫌だなと思う」、「本当に必要なのか、ちょっと疑問です」

賛成「わたしも参加してみたいと思った」、「盛り上げていけばいいんじゃないかな」

サバゲーは予定通り決行されるのか。
21日午後、会見に応じた染谷市長が下した決断は...。

島田市・染谷絹代市長「私の参加は取りやめますが、民間提案として受け入れたものに関しては、予定通りやらせていただきたい」

反対意見は謙虚に受け止めるとしつつ、自身の参加を見合わせたうえで、予定通りの開催を決定した。

サバゲー運営会社 スペシャルフォース・美濃部哲平代表「あくまでスポーツということを前提に、安全な遊びだということをわかっていただきたいという思いです」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加