「東京コミコン2020」メインMCが、映画コメンテーターLiLiCo×夫の小田井涼平(純烈)に決定

「東京コミコン2020」メインMCが、映画コメンテーターLiLiCo×夫の小田井涼平(純烈)に決定

  • ぴあニュース
  • 更新日:2020/11/20

12月4日(金)〜12月6日(日)の3日間オンライン開催される「東京コミコン2020」(オンライン会場:Tokyo Comic Con World)のメインMCに、映画コメンテーターのLiLiCoと夫の小田井涼平が決定したことを発表した。

LiLiCoは、これまで多くの海外スターとの単独インタビューを行っているほか、多数のTV番組やラジオ、アニメの声優やナレーションなどマルチに活躍中。また、小田井は、ムード歌謡コーラスグループ「純烈」のメンバーで、大のアメコミファンだという。

今回は夫婦での参加となり、アンバサダーの市川海老蔵、バーチャルサポーターのキズナアイとともに、東京コミコン2020を盛り上げる。

また、東京コミコンといえば、映画などに登場する貴重な劇中使用品の展示も注目ポイントのひとつ。今年はTokyo Comic Con Worldのプレミア・ゾーン内にて、貴重な展示品の数々を幕張の現場からのレポート映像で見ることができる。

今年は映画公開35周年を迎える『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズを特集。シリーズの顔ともいえる「デロリアン」をはじめ、『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』に登場した未来のパトカー「2015ヒルバレーポリスクルーザー」や、「クエスチョンマークホバーボード」、さらには『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』にてマーティが着用していた「マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)スタンコスチューム」など、シリーズ35周年を記念する貴重な展示品の数々が集結する。

この他にも、今回は人気のバットマンコーナーも登場。「バットマンスーツ」や「ジョーカーコスチューム」、「バットモービル」、「バットポッド」などが並ぶ。さらに大ヒット映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』より、主人公のライバルでもあり「ドリフトキング(D.K)」の名を持つ走り屋“タカシ(D.K.)”の愛車「日産フェアレディZ Z33」が初登場。さらに、東京コミコンお馴染みの『ナイトライダー』に登場する「ナイト2000」や、スター・ウォーズのピンボールマシンなども紹介される。

No image

日産フェアレディZ Z33

東京コミコン2020は、Tokyo Comic Con Worldというバーチャルスペースにて開催。中でもプレミア・ゾーンは有料チケットを購入した方のみ入場できる。プレミア・ゾーンでは、参加セレブのサインチケットが購入できるほか、セレブのビデオメッセージなどの配信(予定)や、コスプレイベントへの参加などが可能となっており、目玉企画としてプレミア・ゾーンにも特別に企業物販ゾーンが開設される。

東京コミックコンベンション2020(略称:東京コミコン2020)
会期:オンライン12月4日(金)12:00〜24:00
12月5日(土)00:00〜24:00
12月6日(日)00:00〜18:00
会場からの中継 12月5日(土)12:00〜20:006日(日)10:00〜18:00
会場:オンライン(一部中継先で幕張メッセを予定)
主催:株式会社東京コミックコンベンション、東京コミックコンベンション実行委員会
イベント内容:国内外映画、コミックなどの最新情報公開・企業出展(限定・先行商品の販売、グッズの展示など)・実際に映画で使用されたプロップや、レアグッズの展示・最新技術を使った様々なコンテンツの体験・海外セレブ俳優とのオンライン交流・ステージでのライブパフ ーマンスのライブ配信・コスプレイヤーのオンライン交流、コンテスト・漫画家やアニメーターの作品展示や販売、「アーティストアレイ」

onodera.kei

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加