飛び交う怒号、泣きじゃくる少女...阪神戦 開門から3時間35分後に中止決定

飛び交う怒号、泣きじゃくる少女...阪神戦 開門から3時間35分後に中止決定

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

試合中止が発表された甲子園球場(撮影・高部洋祐)

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場)

試合の中止を告げるアナウンスに、悲鳴とともに怒号が交じる。テレビカメラは泣きじゃくる少女を映した。週末、スタンドを埋め尽くしたファンの願いも届かない。ギリギリまで開催を粘ったが、この判断が結果的にドタバタ劇を生んだ。

断続的に雨が降り続く中、正午に開門。開始を待ち望むファンで一斉にあふれた。だが、シートが上げられない。それでも午後1時30分に遅延のアナウンスが流れると、同2時30分には「3時開始予定です」と説明放送された。拍手が起きた。

阪神園芸の整備も始まったがさらに雨脚が強まり、同3時35分にNPBの判断で中止が決まった。阪神・矢野燿大監督は「ファンの人にも長い時間待ってもらった。子供たちのぬれている姿を見たら、申し訳ない」と謝罪。開門から3時間35分後の決定に後味の悪さが残った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加