新木優子、“デニム愛”が届きベストジー二ストに「憧れていた賞だったので嬉しい」

新木優子、“デニム愛”が届きベストジー二ストに「憧れていた賞だったので嬉しい」

  • フジテレビュー!!
  • 更新日:2021/11/25

11月25日(木)、都内で第38回「ベストジー二スト2021」発表会が行われ、各部門の受賞者が登壇した。

<永瀬廉「顔の方は殿堂入りさせてもらったので…」“殿堂入りアイドル”としての野望を語る>

No image

ギャラリーリンク

一般部門で、King & Princeの永瀬廉とともに選出されたのは、新木優子。

受賞の感想を聞かれると「non-noモデルとして活動していた時も、デニムの特集を組んでもらえるくらい、デニムへの愛があったので。それが皆さんに伝わったんだなと思って、すごく嬉しいです」とコメント。

「デニムを私が楽しむことによって、デニムのファッションをみんなに広めていけたらいいなと思います」と語った。

今日のコーデのポイントについて聞かれると「思い入れのあるデニムを履きたくて、自前のものを履いてきたんですけど、ちょっとおしゃれなデザインのあるシャツを着て、肌が出ているとぬけ感があるので…」と笑顔で答えた。

No image

ギャラリーリンク

受賞の知らせを受けた時のことを質問されると「本当にずっとずっと憧れていた賞だったので、ものすごく嬉しかったですし、マネージャーさんも嬉しそうにしてくれていたので一緒に喜びを分かち合いました」とコメント。

「デニムをどのくらい持っていますか?」という質問には「アイテムだと数えられないくらい持っているんですけど…50本くらい?」とはにかんだ。

続けて、「いっぱいある中からその年のデニムを決めるようにしていて、1回履いてみて『今年はこのデニムを履こう』という選抜メンバーを決めてコーデを組んでます」と明かした。

No image

ギャラリーリンク

協議会選出部門には、東野幸治と林原めぐみ、同部門のグローバル特別賞には、スケートボーダーの堀米雄斗選手が選出された。

フジテレビュー!!編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加