花椒とラー油で限界の辛さを追求したファミリーマート「陳麻飯」試食レビュー、ガツンとくる辛みで食べる手が止まらない

花椒とラー油で限界の辛さを追求したファミリーマート「陳麻飯」試食レビュー、ガツンとくる辛みで食べる手が止まらない

  • GIGAZINE
  • 更新日:2020/10/16
No image

四川料理専門店の「陳麻家」が監修した四川風麻婆豆腐丼「陳麻飯」が、2020年10月13日(火)からファミリーマートに登場しました。しびれる花椒とラー油で限界の辛さを追求したとのことで、どんな味に仕上がっているのか実際に食べて確かめてみました。

四川料理専門店「陳麻家」監修????
辛さ極まる麻婆豆腐丼「陳麻飯」が登場!
しびれる山椒と辣油で限界の辛さを追求しました????????
別添えの花椒をお好みで加えていただくと、
さらにシビ辛仕様にグレードアップできますよ〜!???????????? #陳麻家 #陳麻飯
※関東・中部・関西限定商品です。 pic.twitter.com/VdPG3lOrgA
— ファミリーマート (@famima_now)
October 14, 2020
from Twitter

陳麻飯 |商品情報|ファミリーマート

https://www.family.co.jp/goods/obento/0731225.html

ファミリーマートで「陳麻飯」(税込430円)を購入してきました。

No image

パッケージの直径はおよそ20cm弱。

No image

フタには「コレゾ熱烈発汗幸福食ナリ」と記されており、かなり辛そうな雰囲気が伝わってきます。また、「辛みの苦手な方は注意してお召し上がりください」との注意書きもありました。

No image

また、パッケージの端に花椒の小袋も添付されていました。

No image

陳麻飯のカロリーは537kcalとなっており、原材料には国産米、麻婆豆腐(豆腐、味付豚肉大豆たん白炒め煮、ラー油、ねぎ、にら、植物油、トウバンジャン、ラード、とうがらし、とうがらしペースト、ゼラチン、花椒)などが含まれています。

No image

購入時に温めてもらうことも可能ですが、自分で温める場合の目安は500Wで3分です。

No image

温めてから開封。

No image

ゴロッとした豆腐やねぎ、ひき肉がたっぷり入っており、唐辛子やトウバンジャン、花椒のスパイシーな香りが食欲を刺激します。

No image

ご飯と麻婆の仕切りは温めた後に取り外します。

No image

まずは麻婆豆腐を食べてみると、唐辛子に豆板醤、ラー油などが合わさったガツンとした辛みが口の中に広がります。なめらかな口触りの豆腐やひき肉も、辛みの強い麻婆と相性抜群。

No image

飲み込んだ後も口の中にピリピリとしびれが残るため、辛みが苦手な人は食べ進めるのが大変かもしれませんが、辛いもの好きなら麻婆豆腐でご飯を食べる手が止まらなくなるはず。

No image

さらに、好みに応じて別添えの花椒をかけることで……

No image

しびれるような辛みと独特の風味がさらにアップ。刺激的なうま味がやみつきになる麻婆丼に仕上がっていました。

No image

「陳麻飯」は税込430円で、関東・中部・関西地域のファミリーマート約1万1500店で購入可能となっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加