菅田将暉、初ドラマでパニックに...“たこ焼き”で恥ずかし体験

菅田将暉、初ドラマでパニックに...“たこ焼き”で恥ずかし体験

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/01/15
No image

俳優の菅田将暉が、16日に放送されるフジテレビ系情報番組『Mr.サンデー』(毎週日曜22:00~)に出演し、宮根誠司と初対談する。

菅田将暉、膨大なセリフ量で口内炎も「意外とトマトが効きました」

最初の話題は、ありとあらゆるキャラクターになりきる、変幻自在の演技力の秘密について。宮根が気になったのは、いったいどこから「役に入っていく」のか。菅田の答えは「美容室で役が始まっていく」という。主演する月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』では、主人公・久能整のトレードマーク、ポップコーンパーマに地毛でトライするこだわりを見せた菅田だが、トップ俳優の役作りのこだわりに、宮根も驚きを隠せない。

そして、宮根が聞きたかったのは、役者の原点。大阪から上京後、初めてのドラマ出演で、どんな苦労があったのか。その時の菅田の役どころは、仮面ライダーだったが、パニックに陥ったという。当時のセリフをなんと今も覚えているという菅田。それは「たこ焼き」にまつわるセリフだった。大阪出身の菅田にとって、それは、めちゃくちゃ恥ずかしい体験だったというが…。貴重なデビュー当時のエピソードからは、変わることのない人柄が垣間見える。

宮根と菅田には、ある「共通点」が存在していた。それは、ラジオの仕事をしてきたこと。「子供の頃から大人になるまでの面白エピソードの引き出し、全部開けて空っぽになったんです」と言う宮根に、「めちゃくちゃわかります」と答える菅田。いつしか、ラジオのためのネタ作りに、どれほど必死だったかという体験で意気投合する。すると、菅田が明らかにしたのは、いつもサインを欲しいと出待ちをする、あるファンのエピソード。事態は思わぬ展開を見せることに。

宮下佐紀子プロデューサーは「月9が、新感覚のミステリードラマとして、非常に高い評価を得る中、主演の菅田将暉さんに、他では聞けない役者としてのこだわりをぜひ聞いてみたいと思いました。それならば、MCの宮根さんにぜひともお願いしたく、今回の初対談が実現したのですが、初対面とは思えない意気投合っぷりで、菅田将暉さんの意外な一面が次々と明らかになりました。ハイスピードの関西弁トーク、必見です」と話している。

(C)フジテレビ/カンテレ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加