横澤夏子、第1子妊娠中は“枕元におにぎり” 「食べないと眠れなくなった」

横澤夏子、第1子妊娠中は“枕元におにぎり” 「食べないと眠れなくなった」

  • Sirabee(オトナ)
  • 更新日:2023/01/25
No image

お笑いタレントの横澤夏子が25日、都内で開催された「はくばくプレス発表会 〜主食改革を宣言〜」に出席。妊娠中のエピソードと絡めて、白米好きをアピールした。

画像をもっと見る

■子どもの好みに合わせた献立に

No image

同イベントでは、日本人の主食離れが進む中、本来の主食のあり方を麦、雑穀の力で変える「主食改革」を宣言。白米のような見た目、食感を楽しめる新商品「白米好きのためのもち麦」を発表した。

昨年2人目の子どもを出産し、2児の母となった横澤は、最近の食生活について「子どもが食べたり食べなかったりが続くと『食べてほしい』っていう気持ちが強くなって、炒飯や丼物が多くなりますね」と述べた。

関連記事:リュウジ氏考案の“白米の炊き方”が最高 炊飯ジャーで激ウマに…

■「早く出来る料理」が第一優先

No image

横澤自身は、仕事の関係上、昼食をロケ弁や仕事場の近くにあるラーメン屋で済ませることが多いとのこと。朝食も軽く済ませる分、夜にたくさん栄養を摂る仕組みになっていると言い、白米の摂取量については「基本的に食べています。1日に1、2食は白米です」と話した。

料理をする際に気をつけていることを聞かれると「早く出来る料理というのが第一優先ですね。野菜4、5種類と、お肉やお魚。あとは味噌汁、白米。これが最高のバランスだと思っていました」と回答。

■妊娠中は枕元に白米

No image

また、健康的に生活するために、普段から取り組んでいることについては「『病は気から』って言うくらいですから、朝はお茶を飲むようにしています。『朝茶はその日の難逃れ』って言いますから。願掛けじゃないですけど、朝のお茶は欠かさず飲むようにしていますね」と口にした。

最後に、同イベントの内容にちなみ「〇〇好き」を問われると「白米が大好き」と答え、「1人目妊娠中は白米しか食べたくなくて。白米を食べないと眠れなくなっちゃたんです。だから、枕元に小さいおにぎりを5個くらい用意して、食べて寝てを繰り返していました。そのくらい白米は大好きですね」と力説していた。

(取材・文/Sirabee 編集部・だい坊)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加