ヴェノムに食われるかも...?森川智之、新作の吹替版でキーパーソン演じる

ヴェノムに食われるかも...?森川智之、新作の吹替版でキーパーソン演じる

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/11/25

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」日本語吹替版に、森川智之が出演しているとわかった。

No image

左から森川智之、マリガン。

すべての画像・動画を見る(全8件)

本作は、ジャーナリストのエディに地球外生命体が寄生して誕生した“ヴェノム”が、連続殺人鬼クレタスの狂気を取り込んで覚醒したヴィラン“カーネイジ”と戦う物語。アンディ・サーキスが監督を務め、トム・ハーディがエディ、ウディ・ハレルソンがクレタスを演じた。

森川は、正義感あふれるサンフランシスコ市警の刑事・マリガンに声を当てた。前作で起きた事件へのエディの関与を怪しみ、事件を追い続けている男だ。森川は「大人気のこの作品に参加できてとても光栄に思っています。キーパーソンとなるマリガン刑事、ファンの皆さんは、彼の活躍がとても気になるところだと思います。そこは是非、劇場にてご確認していただければと思います。お待ちしています」とコメントした。

あわせて本編の一部がYouTubeで解禁された。エディがクレタスとは関わりたくないと懇願するも、相手にしないマリガンに、ヴェノムがかぶりつこうとするシーンが収められている。

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は12月3日に全国で公開。日本語吹替版には諏訪部順一、中村獅童、中川翔子、内田直哉、早見沙織も参加した。

(c)2021 CTMG. (c)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加