「不惑の大砲」門田博光さん死去 プロ野球史上3位の通算567発/主な通算上位記録

「不惑の大砲」門田博光さん死去 プロ野球史上3位の通算567発/主な通算上位記録

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2023/01/25
No image

プロ野球の主な通算記録上位

南海、オリックス、ダイエー(現ソフトバンク)でプロ野球史上3位の通算567本塁打を放った門田博光氏が亡くなった。74歳だった。

170センチの小柄な体をフルに使った豪快な打撃で、球史に大きな足跡を残した。88年には40歳にして、44本塁打、125打点で2冠を獲得。「不惑の大砲」として愛された名打者に、人生のゲームセットが訪れた。

◆門田博光(かどた・ひろみつ)1948年(昭23)2月26日生まれ、奈良県出身。天理高からクラレ岡山を経て69年ドラフト2位で南海(現ソフトバンク)入団。2年目の71年に120打点で初タイトルを獲得した。79年の公式戦前に右アキレス腱(けん)を断裂したが、翌年41本塁打を放ち復活。81年には44本塁打で初の本塁打王となった。88年に40歳で44本塁打、125打点の2冠となり、最年長MVPに。89年オリックスに移籍。91年ダイエーに移り92年に引退した。通算567本塁打は史上3位。06年野球殿堂入り。現役時代は170センチ、81キロ。左投げ左打ち。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加