おっさん限定『リコリス・リコイル』部。3連休は最終話を肴に一人酒...リコリコが晩酌にうってつけな理由とは?

おっさん限定『リコリス・リコイル』部。3連休は最終話を肴に一人酒...リコリコが晩酌にうってつけな理由とは?

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2022/09/23
No image

2022年夏のテレビアニメで、原作なしオリジナル作品でありながら一番人気の『リコリス・リコイル』が24日に最終回を迎える。主に若い世代から熱烈に支持されているこの作品だが、実は(私のように)くたびれた中年男の心に刺さる要素に溢れていることをご存じだろうか?この3連休の酒の肴は決まった。リコリコを全話鑑賞して、明日への活力と男の自信を取り戻そう。

中年を癒やし、笑わせ、励ます『リコリス・リコイル』

『リコリス・リコイル』は、アニプレックスを母体とするA-1Picturesが製作したオリジナル連続アニメで、制服を着た美少女たちが密命を帯びて悪を倒すガンアクションものだ。

アニメ情報サイトの放送前の期待作品ランキングでは、既存シリーズの続編や原作付き作品に埋もれて圏外だったが、放送開始直後のアンケートで一気に第3位に浮上して一大センセーションを巻き起こした。

本作のあらすじはこうだ。

平和で安全、綺麗な東京。日本人は規範意識が高くて、優しくて温厚。法治国家日本。首都東京には危険などない――そんな安全神話を国民に信じさせることを責務とする秘密組織「DA」は、女子高生の姿に擬態したエージェント「リコリス」を使って犯罪者やテロリストを密かに暗殺していた。

リコリス歴代最強と謳われる主人公・錦木千束(にしきぎちさと)は、至近距離から銃を撃たれても相手の動きを事前に察知し弾を避けられる特殊能力の持ち主。訳あって普段は「喫茶リコリコ」でアルバイトをしており、明るい性格で店の看板娘になっている。

そんなある日、もう一人の主人公、黒髪でクールな性格の井ノ上たきな(いのうえたきな)が命令違反からDAを“クビ”になり、左遷先の喫茶リコリコで千束とバディを組むことに。

事件は事故になるし、悲劇は美談になる――そんな建前や陰謀、組織の論理が渦巻く近未来の日本を舞台に、カタブツでコミュ障気味の「たきな」は、相棒の千束とのミッションや仲間との交流を通して人間らしさを取り戻していく……。

華麗なガンアクション、現実の娘よりも素直でかわいい主人公二人の軽妙かつ尊いやりとり、喫茶リコリコのまったりとした空気感など、本作には人生に疲れた我々おっさんを癒やし、笑わせ、叱咤激励する要素が詰まっている。

これを若いアニメファンに独占させる手はない。キャバクラに行って逆に女の子に気を使うくらいなら、家で酒を飲みながら『リコリス・リコイル』を見るほうが何倍も幸せになれるのだ。

おっさん世代にはメリットでしかない本作の“欠点”

この作品、企画段階では『シティーハンター』の美少女版ということだったようで、製作側の狙いが見事に当たった形となった。

しかし放送も終盤に入ると、作品の雰囲気はガラッと変わる。実は、主人公の千束は幼い頃から先天性心疾患を抱えており、特殊な人工心臓の移植によって組織に「生かされている」状態だった。その人工心臓に問題が発生し、ストーリーの鍵を握ることに……。

唐突なシリアス展開に戸惑うファンも中にはいたようで、いわゆる“アンチ”が発生してしまったのである。アクションコメディとして見ている分には、本作の荒唐無稽な部分はギャグとして許されていた。ところが作品全体のトーンが深刻になるにつれ、現実離れした展開に細かいツッコミが入るようになったのだ。

●女子高生の制服は日本で一番警戒されない姿、都会の迷彩服という設定(真っ昼間は逆に目立つのでは?)

●敵は実弾、千束は非殺傷弾。銃撃をすべてかわし常に無双する千束(は良いとして、猛スピードの日産GT-Rに轢かれてピンピンしてるのはなぜ?)

●「心臓が逃げる!!」と狂犬化していたたきな、直後の救出ヘリの中で千束と普通に会話(切り替え早すぎでは?)

●民間に被害が出たテロ事件が「アトラクションでしたー」でなかったことになる強引な展開(納得する市民アホでは?)

など、やや無理のある設定や展開に「ツッコミどころが多くて物語に入っていけない」などの声が出て、途中で離脱したファンもいたようだ。

もっとも、このような本作の“欠点”も、我々おっさん世代にとっては100%メリットでしかない。

仕事、子育て、親の介護……人は歳をとると様々な理由からアニメをリアタイ視聴できなくなる。いきおい休日に「全話一気鑑賞」となりがちだが、若い頃よりも記憶力や注意力が衰えているため、完走しても翌日にはストーリーはおろかキャラの名前すら出てこないこともザラだ。

シラフでもそうなのだから、アルコールが入った状態なら本作の細かい矛盾点など気になるはずもない。翌朝には「あの黒髪ロング、心臓が逃げるッ!の子……ええと井ノ上さんだっけ?普段はクールぶってるけど実はアツいし、千束のこと好きすぎだし、人相悪いときのほうが可愛いよなぁ」という漠然とした好印象だけが残ることになる。

ほどよい酔いがリコリコの弱点をすべて打ち消し、ガンアクションの快楽と千束×たきなのイチャラブな味わいを最大限に深めてくれるのだ。細かな考察をする根気を失って久しい我々おっさん世代にとって、まさにうってつけの酒の肴と言える。

荒削りな設定や荒唐無稽な展開も「逆に助かる」

アニメ情報サイト「Febri」では、『リコリス・リコイル』でテレビアニメ初監督を務めた足立慎吾氏が製作の裏話を赤裸々に語っている。

足立監督が参加した時点で、原案とリコリコにいるキャラクターだけは固まっており、あとの世界観と物語作りは足立監督の手に委ねられたという。

「制服を着た少女が学校にも行かず危険な任務をこなすのには、何か理由があるはず」ということから世界観を構築し、原案の暗い雰囲気から、5分に一度はクスリと笑えるような明るいイメージにアレンジしたとしている。

作品の表面的なイメージは明るいのに、ところどころ暗い部分があるのは、どうやら原案の名残のようだ。そして主人公の千束が非殺傷弾を使い、決して敵を殺さないのも足立監督の配慮によるものだった。

視聴者を戸惑わせた終盤怒濤の急展開にしても、もっと話数があれば解決できたのかもしれない。本作には当初から全13話の制約があったと言うが、一部ファンからは「26回で語るべき内容を無理矢理13回に詰め込んだ感アリアリ」など、荒削り気味なストーリーへの不満が聞かれるのも事実だ。

だがこれも裏を返せば、体力と集中力がめっきり衰え、徹夜など絶対に不可能となった我々おっさん世代的には、むしろ感謝ポイントと言える。

晩酌アニメ一気鑑賞は常に寝落ちの危険性をはらむ。2クール全26話の作品では、最終話に辿り着くよりもかなり前に気絶してしまう。翌朝目を覚ますと始業直前、もう職場のリモートラジオ体操が始まる時刻だ。いったい自分はアニメを第何話まで消化したのか、昨晩の記憶は完全に失われている。

そうして第1話へのタイムリープを幾度となく繰り返し、永遠に14話以降に到達することができないと嘆く中高年が多い中、コンパクトな1クール全13話構成は逆に助かる。2話に1本のペースでストロングゼロをあけても13話ならギリギリ耐えられる計算だ。

おっさん殺しの最終回に高まる期待

賛否両論がある『リコリス・リコイル』だが、SNSを見ると、細かい問題点や矛盾点にツッコミを入れているのは20代~30歳代前半の目の肥えた視聴者で、10代以下のファンはおおむね好意的に受け止めている印象がある。

過去の類似作品による先入観がないフレッシュな世代ほど、ジェットコースター的な急展開を脳内でリアルタイム補完し、友人たちと謎を考察し、戦いが終わった後の千束とたきなの幸せな日常を妄想して楽しんでいる様子だ。

ならば我々中高年も気持ちは常に17歳でいよう。健気な少女たちのやりとりに全振りしているアニメが面白くないわけがない。この3連休は10代の感性と勢いを見習ってリコリコを全話完走し、汚れきった自分をアップデートするのだ。

間もなく放送となる最終話。たとえどんな後出し設定が出てきたとしても、ラスト5分でリコリスがアイドルグループに変貌したとしても、中年は黙って酒を飲み細かい文句は決して言うまい。どんな結末でも受け入れる準備はできている。ただひたすら、たきなちゃんが悲しむルートだけは回避されることを祈ろうではないか。

『リコリス・リコイル』注目の最終話は、TOKYO MXやABEMAほか各局・配信サービスで24日(土)23:30~から順次放送予定だ。

【関連】『ぼくたちのリメイク』原作者・木緒なち氏「大阪芸大時代の自分は地味な存在で。だからこそ裏方の熱意や苦労を描きたかったんです」アニメ化記念インタビュー

【関連】『ルパン三世』が教えてくれた、今の日本が忘れてしまったもの

【関連】のび太の特技「早撃ち、あやとり、昼寝」が示す青天井の潜在能力

Twitterの反応

リコリスリコイル、まだ3話目なんだけど、JK(に扮した)銃撃アクションバディもので、主軸の分かりやすさと一緒に小出しにしていく世界観や伏線の先が楽しみで面白い。銃撃戦は派手じゃなくて最小限の動きで敵を封殺する系アクションなのでクールで痺れる
— 牛タン (@gyutan_a3)
September 23, 2022
from Twitter

スーパーコンピューターのハッキング戦とか、主人公の強さが抜きん出てる感とか、ヒロインの主人公を想う強い気持ちとか、絶対的組織だと思ってたら第三勢力的な所に攻め込まれるとか。

ワクワク感半端なかった #リコリス・リコイル
— 金田(健康優良不良少年?) (@kaneda_kinnota)
September 20, 2022
from Twitter

#リコリス・リコイル 第4話再視聴

千束&たきなのデート回であり、パンツ回でもあった本話ですが、なぜかブームを巻き起こしたのは⬇️たきなの『さかな~❗』でしたね…

まぁ、確かに彼女が今までDAにいる間、内に押し留めていた感情を表に発露する印象的なシーンではありましたが… #リコリコ pic.twitter.com/krKXCQmbOv
— Leonardo@FC今治応援⚽第26節⚽9.25(vs宮崎)@『おんまく』また来年も‼️ (@Leonardo_YOA)
September 23, 2022
from Twitter

リコリスは可愛い
話はどうでも良い、キャラの可愛さだけ全部振りしたアニメだから面白い面白くないで評価されるアニメじゃない
— にゃっぴー (@nyattp1)
September 18, 2022
from Twitter

リコリス面白いけど、2や3に評価を入れる人の気持ちは分かる。
— 躁鬱ニートこかんだ(リトルガーデン上陸) (@KAHjhCsBrwuGGH2)
September 20, 2022
from Twitter

1話を観直してるけど、たきなは「去年、京都から転属になったばかり」と言ってるので、全国にDAの支部がある。ということは、たきなの京都時代の話も作れるし、全国の色んなリコリスの話を作ろうと思えば作れるのでは…? #リコリコ #リコリス・リコイル pic.twitter.com/0qZy0F17sw
— みらい@青い紙 (@blue_paper_)
September 23, 2022
from Twitter

リコリス、ガバガバ展開で白ける懸念はあったけど、実際ガバガバ展開はあったものの、主要キャラの面白い展開は抑えてるからちゃんとオモロいのは偉い
あとは、作品自体の評価の着地点は最終回の展開次第かな…
— み豚そ@SW限定ツイ廃 (@mibu_taso)
September 17, 2022
from Twitter

˚*.꒰ 最近見た作品 ꒱.*˚
息子に教えてもらってハマったアニメなんだけど…
リコリス・リコイルってアニメ見てる!

井ノ上たきなちゃんめっちゃ可愛いの!!

アニメの公式アカウント https://t.co/ru6I47ZoYd

#SORATALK
— なお︎︎☁︎︎ (@soran_nao)
September 18, 2022
from Twitter

千束に恋した皆、最終話の後いい酒飲めるの祈ろうぜっ #リコリコ #リコリス・リコイル pic.twitter.com/16DasxeoYC
— こねてぃん (@WRqBy2SH8RD44U2)
September 18, 2022
from Twitter

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by:オリジナルTVアニメーション「リコリス・リコイル」公式サイト

MAG2 NEWS

たいらひとし

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加