【14日・新型コロナ詳報】岐阜248人感染、先週の5倍 臨時休校も

【14日・新型コロナ詳報】岐阜248人感染、先週の5倍 臨時休校も

  • 岐阜新聞Web
  • 更新日:2022/01/15
No image
No image
No image

岐阜県と岐阜市は14日、県内31市町などで計248人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。新規感染者が200人以上となるのは昨年9月7日以来、約4カ月ぶり。52人だった先週の同じ曜日から約5倍に増え、感染拡大が急速に進んでいる。感染者は累計1万9884人となった。

県独自の基準指標は、直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数が40・68人(14日現在)、陽性率は9・6%(13日現在)は9・6%でいずれもレベル3相当。13日時点の入院患者は前日比15人増の153人で、病床使用率は17・1%(同)のレベル2相当となっている。重症者はゼロのまま。

新たなクラスターは、家族や友人らで会食をして広がったとみられる例など7件を認定。他に美濃加茂市の高校の同じ運動部の生徒ら8人や、運動サークルに通う子どもら9人の感染も判明した。

拡大したクラスターは10件。うち恵那市の恵那高校関連は生徒や家族が24人増えて計41人、大垣市の西中学校関連は生徒ら13人が増えて計25人となった。

また、県のゲノム(全遺伝情報)解析の結果、新たに22人の変異株「オミクロン株」感染が確定した。オミクロン株感染確認は計34人となった。既に認定されている10件のクラスター(感染者集団)が、オミクロン株のクラスターと判明した。

県健康福祉部の堀裕行部長は「感染が急拡大しており、普段食事をしない人と集まる長時間の食事などは控えてほしい」と呼び掛けた。

大垣市教育委員会は14日、宇留生小学校の教職員1人が感染し、15日まで臨時休校としたと発表した。土岐市の泉西小学校付属幼稚園も14日、園児1人が感染したと発表した。18日まで臨時休園とする。また、下呂市は14日、小坂診療所で13日に市職員1人の感染が確認されたと発表した。14日は職員の検査のため休診した。17日以降は通常通り診察を行う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加