意外と知らない「天皇誕生日」の始まりとルール なぜ明治と昭和は休日で、大正は休みじゃない?

意外と知らない「天皇誕生日」の始まりとルール なぜ明治と昭和は休日で、大正は休みじゃない?

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/02/23

令和3年2月23日は、令和に入って二度目の天皇誕生日である。

【写真】この記事の写真を見る(11枚)

平成から令和への改元は5月にあったから、令和元年は天皇誕生日のない年だった。

明治以降で「今上天皇」の誕生日がなかった年は「平成31年改元あって令和元年」が初めてだった。

No image

天皇皇后両陛下 ©️時事通信社

江戸では天皇の誕生日は祝っていなかった?

天皇誕生日が祝日となったのは明治となってからである。

明治元年(対応西暦はだいたい1868年)はまだ旧暦のころで、この年、新政府は慌てたように8月に「九月二十二日」が当時の今上帝(明治天皇)の御誕辰の日であるから休日とするという布告を出す。まだ戊辰戦争が継続中のころである。

その当日の9月22日、明治帝は「京都から江戸への御遷幸の途上」であって、つまり京都御所から江戸城へ遷る最中で、まだ近江(滋賀)の土山宿にあり(だから京都を出てまもないころである)、そこで初めての天長節が祝われた。「旅の途中の誕生日祝日」である。江戸の古老によると、江戸にはまだ天皇陛下もおられないので(江戸開府以来、この時点まで一度も江戸に天皇がいたことはない)、庶民は誰も何の祝いをすることもなかったと、証言している。(これは明治帝が崩御した年、明治45年が改まって大正元年11月3日の東京朝日新聞に載っている記事で、ソースはこの記事だけで、他の資料にあたる裏取りはしていない)

明治3年になっても天長節はまったく浸透しなかったため、太政官布告でわざわざ「みんなも陛下のめでたい日をお祝いしてください(衆庶一同、御慶辰を祝して奉り候様)」という達しが出たほどであった。

誕生日も律儀に太陽暦の日付に

明治5年末を以て旧暦は廃され、明治6年からはいまと同じ太陽暦になった。

そのおり明治天皇の「御誕辰」である「嘉永五年九月二十二日」は太陽暦に直すと「1852年の11月3日」となるので、明治六年以降は11月3日が「天長節」となった。明治44年まで続いた。

太陽暦に律儀に直すところが、いかにも「新しい時代の始まり」らしいところだ。

明治45年7月30日に明治天皇は崩御。大正に改元された。

大正天皇は明治12年(1879年)の8月31日生まれなので、8月31日が新しい天長節となる。

ただ初年は明治帝が亡くなった直後だったので、スルーされた。

大正元年、最初の「天長節」である8月31日の新聞には「今三十一日は畏くも聖上陛下第三十四回の御誕辰に当らせられ、殊に本年は御践祚後第一回の天長の佳節なるが、未だ御大喪中なれば、宮中においても一切、祝賀の式を御差し控えあそばさるることとなれり」とある。

明治大帝の大喪儀(お葬式)は9月13日の予定でその準備が報道され、明治帝を偲ぶ記事も連日大きく掲載され、あまり新帝の天長節を祝う雰囲気ではない。

9月4日になってから、「勅令第十九号」をもって祭日・祝日が新たに制定されている。新しい祝祭日に「七月三十日の明治天皇祭」と「八月三十一日 天長節」が加えられた。

8月31日が過ぎてから制定されたので、大正元年の天長節は存在しなかったことになった。「大喪」の最中だからスルーされたのだろう。

このときの勅令で示された「大祭祝日」は10である。

元始祭 一月三日

新年宴会 一月五日

紀元節 二月十一日

春季皇霊祭 春分の日

神武天皇祭 四月三日

明治天皇祭 七月三十日

天長節 八月三十一日

秋季皇霊祭 秋分の日

神嘗祭 十月十七日

新嘗祭 十一月二十三日

明治の「天長節 十一月三日」と明治の先帝祭「孝明天皇祭 一月三十日」が除かれた。

大正天皇の誕生日は「残暑厳しきころ」

大正時代の「天長節」は、その後、少し変転する。

すでに大正元年の朝日新聞紙面に、時期に対する懸念が書かれていた。

「先帝(明治帝)の御誕辰当日は、菊花の節にしてこのうえなき好時節であったが、今上陛下の御誕辰は残暑厳しきころなれば、毎年、葉山、塩原、日光等の御用邸に避暑あそばされ、青山御所にて祝典をあげさせられたまうことは昨年の一回だけ」とのことで、冷房施設のないこのころ、陛下は(当時は皇太子殿下は)夏はほぼ東京で過ごしていなかったという指摘である。皇居に陛下がおられないのに、天長節のお祝いの会が開けるのだろうか、という疑問が呈されている。

翌年、大正2年の7月、侍医のコメントが載っている。

7月に入り葉山で過ごされている陛下は、7月30日の「先帝祭」には一度、東京に戻られるものの、8月に入ったらすぐに日光へ避暑に出向かれる、そのまま現地に9月半ばまで滞在の予定、というのが侍医のコメントである。だから「8月31日の天長節の祝賀」は9月中旬以降になるべし、との記事が出ている。

7月15日の新聞紙面には、「8月31日の天長節は神殿における祭典は行われるが、内外臣僚を招いての祝宴は秋冷の候まで延期される」と政府が決定したとの記事が出て、その数日あとに、「その祝宴の日付は10月31日」と決定したと載っている。

「大正元年勅令第十九號中『天長節、八月三十一日』の次に左の如く加ふ『天長節祝日 十月三十一日』」

誕生日と誕生パーティ日、どっちも休み

大正天皇「天長節」に加えて「天長節祝日」も制定され、宮内次官の談話として、国民はこの両日ともに「聖寿の無彊を寿ぐため」、国旗を掲揚して奉祝してもらいたい、とコメントしている。

8月31日はお誕生日としてお祝いし、10月31日を「お誕生日祝いする会の日」としてお祝いすることになったのだ。誕生日と誕生パーティ日に分けられ、どっちも休みとなった、ということである。大正年間は「天長節」に関する休日が2回あったのだ。

まあ、冷房のない時代は大変だったということだ。しかも、日本の気候に合っていない「西洋の服装」を正装としているから、盛夏のころはそういう格好で集まるのはやめよう、ということになった。軽装ですますとか、クールビズで集まるというような発想がない。

「儀礼」はそのしきたりを守らなければならないから、格好を変えるのではなく、日付を変えたのである。そういう時代だったのだ。

当の陛下が8月には東京に、つまり皇居におられないのだから、そこでの祝賀会をやりようがないというのがすべてであろう。

「祝日」と「祭日」の違い、わかりますか?

大正15年12月25日、陛下の崩御あって、昭和に改元。

あらたに「4月29日」が天長節となり、「12月25日」が大正天皇祭(先帝忌)となり休日となった。

同時に「7月30日の明治天皇祭」「8月31日の天長節」「10月31日の天長節祝日」がなくなった。

おそらくこの「7月30日の明治天皇祭」がなくなったこととのつながりだとおもわれるが、「11月3日の明治の天長節」が「明治節」としてあらたな休みとなった。明治帝を偲ぶ日として命日ではなく、誕生日が復活したわけである。

「祭」について少し説明をしたほうがいいだろう。(もちろんすでにご存知の方も多いだろうが)

先だってNHKのテレビ番組「チコちゃんに叱られる!」で「冠婚葬祭の冠って何」という設問が出ていて、ものすごく驚いたのだが(冠はさすがに知ってる人がそこそこいるだろうという個人的な感覚である)街の方々に聞いてみて、かなり年を取った人たちにも「冠とは何か」に答えられない人がいて、「みんな伊勢物語を初段からは読まなくなったのか」と嘆いていると、大学の国文の先生をやっている後輩から「あ、初段はちょっとエロだから避けられているんでしょうね」と教えられて二重にショックを受けてしまった。

しかし「冠婚葬祭」では、「冠」より「祭」のほうが理解されていないのではないだろうか。

「冠婚葬祭」は「人がましく生きるための人生の儀礼」が並べられている。

いちおう順に並んでいる。

「冠・大人として認められ」「婚・結婚して」「葬・死んで葬られて」が冠婚葬で、そのあとに「祭」がある。「祭」は「葬」よりあとのことだ。

「祭」は死んだあとも(おもにその命日に)おもいだされること(祭られること)を指している。

「成人して、結婚して、葬式で送られて、死んだあとは命日に祭られる」というのが人の生涯で、「死んだあとにおもいだされる」というところまでセットになっているのが「人が生きる」ことだったのだ。

たぶんそのへんがいまはわかりにくい。個人で生きて個人で死ぬと、「祭」に対する感覚が薄くなっていく。

「亡くなった人を偲ぶ」ということはいまでもある。また「御霊を慰める」つまり「慰霊」はいまでもおこなわれる。

「8月6日の広島」「1月17日の神戸」「3月11日の東北(東日本)」に、いまでも多くの人が手を合わせるわけで、その感覚が「祭」のおおもとである。

大事な人が亡くなった日を覚えておいて、毎年、その日にその人のことを「マツる」(祀る、祭る)のが「祭」である。

「祝」の要素はまったくない日

明治天皇は明治45年の7月30日になくなり、しばらくして政府は「七月三十日を明治天皇祭として休みとする」と告知した。

明治国家では、「先帝の亡くなった日」はずっと祭日であり、休みである(昭和22年までそうだった)。

明治天皇の父・孝明天皇は慶応2年の12月25日に亡くなっているが、それを太陽暦に直して1867年1月30日崩御として、明治時代は1月30日は「孝明天皇祭(先帝忌)」として休みだった。(西洋嫌いだったと言われる孝明帝がその日付で納得したのだろうかと、ちょっと不安になってしまうが、どうしようもない)

あくまで祭日である。祝日ではない。祝祭日とよく一緒にされるが、「祝」と「祭」では意味が違う。「先帝の亡くなられた日」は祭日であって、そこにはいっさい「祝」の要素はない。

明治時代は先帝孝明天皇の亡くなった「1月30日」、大正時代は先帝明治天皇の亡くなった「7月30日」が「先帝忌(先帝祭)」となり、休みの日となる。

休むのは、いわば「国民的な法事の日」としての休みである。「先帝を偲ぶ」ないしは「先帝を祭る今上帝の心情を偲ぶ」ための日として、休みとなった。

クリスマス騒ぎと重なった12月25日

大正天皇は、大正15年12月25日に崩御され、昭和と改元あって、「12月25日が大正天皇祭」となる。

ただ、明治の末年と、大正の末年では、日本社会がまったく違っていた。

このあと12月25日が「先帝を偲ぶ日として休日」になったが、たまたまそれはクリスマスでもあったので、昭和の前半期、日本国内におけるクリスマス騒ぎが激しくなっていった。日本のクリスマスが広くばか騒ぎの時期となるのは、バブル時代(1980年代後半)よりはるか古く、昭和初年(1920年代後半)に始まっていたのである。カフェーやダンスホールで騒ぐ人たちが跡を絶たなかった。

1920年代はアメリカでは「ローリング・トゥエンティーズ」と呼ばれた「狂騒の1920年代」であり、日本もそれに負けじと大騒ぎをしていた時代だったのだ。1910年代の欧州での世界大戦に参戦しながらも国土が無傷だった大国がアメリカと日本で、どちらも「浮かれた1920年代」を過ごしていた。

4月3日もお休みだった

大正元年に示された「大祭祝日」には以下の日も含まれている。

神武天皇祭 四月三日

春季皇霊祭 春分の日

秋季皇霊祭 秋分の日

「神武天皇祭」は、神武天皇の亡くなった日である。初代の天皇だからずいぶん昔のことであり、まだあまり人と神とが分かちがたかったころの話だけど、新暦に直したら4月3日だとわかったので、その日はずっと休みである。

また春季と秋季にある「皇霊祭」も、歴代天皇の御霊を祭る日として休みになった。もともとお彼岸として昔からお墓参りに行く「祭日」であったのだが、明治国家となり「今上帝が祖先の皇霊を祭る日」としてあらためて休みとなった。

消えた祭日、残った祭日

昭和の途中、戦争に負けて、天皇家に関するいろんなことが変わった。

祝祭日もいくつか変わった。自国民による革命が起こったわけではなく、戦争に負けて変えられただけなので、変わりようが中途半端である。

天皇誕生日は残ったが、先帝祭はなくなった。神武天皇祭もなくなった。でも「明治節(明治時代の天長節)」は名前を「文化の日」と変えて残った。

「紀元節」はいったん廃止されたが、敗戦後22年経って昭和42年から「建国記念の日」として復活した。(当時私は小学生だったので、いきなり休みが増えたので印象的であった)

昭和天皇が崩御され、平成元年からは12月23日が天皇誕生日となった。

先帝の誕生日4月29日はすでに62年ものあいだ休日であり、しかも戦後は「春の大型連休の一日」に組み込まれてはずせない休日になったので、名前を変えて存続している。先帝の誕生日が継続して休日であり続けるのは史上初めてのことであり、おそらく特例である。

大正天皇に関する記念日は残っていない。

敗戦のおりに「大正天皇祭(12月25日)」が廃され、「先帝の誕生日を記念日にする」という習慣はないため、そのままになった。

事例としては「先々帝の誕生日を記念日にする」というのがあるので(昭和になったときの明治節の設定)、昭和天皇崩御のあとが(平成の天皇誕生日が制定されたときが)大正帝ゆかりの祝日を復活させる機会だったことになるのだが、たぶんあまり議論もされなかったのだろう。いまだに存在しない。

実は流動的な「以前の陛下のお誕生日」の扱い

平成時代の天皇陛下は平成31年に譲位され、祝日が変わった。

12月23日の天皇誕生日がなくなり、2月23日が新たな天皇誕生日となった。先帝の誕生日祝日は改元後はなくなるという慣例どおりである。

「在位中の今上陛下の誕生日」は明治元年以降、わが国ではずっと祝日として休みである。これは154年間、変わっていない。

ただ、改元あってのち、それ以前の陛下のお誕生日をどうするか、というのには決まりはない。明治と昭和は残っているが、それ以外は現在では休みではない。そこはやや流動的な部分がある。

それがいわば「立憲君主国」としての我が国の特徴なのだ。日本らしいところ、というわけである。

(堀井 憲一郎/Webオリジナル(特集班))

堀井 憲一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加