東京ベイが〝ベイダービー〟制す 実質開幕戦勝利にラブスカフニ「毎週力を出し尽くさないと」

東京ベイが〝ベイダービー〟制す 実質開幕戦勝利にラブスカフニ「毎週力を出し尽くさないと」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/01/15

ラグビーのリーグワン第2節第1日は15日、東京・秩父宮ラグビー場などで3試合が行われ、東京ベイ(クボタ)-浦安(NTTコミュニケーションズ)は19-9で東京ベイが勝ち、2勝(不戦勝1)で勝ち点9とした。初戦で神戸製鋼を破った浦安は1勝1敗で勝ち点4。

両チームともチーム正式名称に「東京ベイ」が入る〝ベイダービー〟。埼玉(パナソニック)との7日の開幕戦が埼玉に新型コロナウイルス陽性者が出たことで中止となった東京ベイは、これが実質的な新リーグ初戦となった。前半は互いに1PGを入れた後の18分、東京ベイはラインアウトを起点にFLトゥパ・フィナウがトライ。ゴールも決まり10-3とした。36分に浦安が2本目のPGに成功し、前半は東京ベイが10-6とリードした。後半は東京ベイが3PG、浦安が1PGを加えて終わった。

No image

前半、トライを決める東京ベイ・トゥパフィナウ=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)

東京ベイは堅い守備で元オーストラリア代表FBイズラエル・フォラウらがいる浦安をノートライに抑えた。日本代表FLピーター・ラブスカフニは「(開幕戦で)昨年の優勝チームとやれなかったのは少しがっかりしたが、切り替えて自分たちの強みにフォーカスした。リーグワンは力と力の勝負。毎週力を出し尽くさないといけない」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加