広島・ドラ2森浦 プロ初失点、初黒星...奮闘中のルーキー1球の重み痛感

広島・ドラ2森浦 プロ初失点、初黒星...奮闘中のルーキー1球の重み痛感

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/10
No image

プロ初失点を許し初黒星を喫した森浦(左)

「ヤクルト3-2広島」(7日、神宮球場)

唇をかみながら、小走りでマウンドを降りた。1球の重みが身に染みた神宮の夜。奮闘を続けてきたルーキーが、初めて黒星の苦みを知った。広島のドラフト2位・森浦(天理大)が決勝適時打を浴び、プロ初黒星を喫した。「反省して次に切り替えていきたい」。試合後は必死に前を向いた。

同点の七回から3番手で登板。一進一退の接戦で、ベンチは開幕から4試合連続無失点中の左腕に託した。先頭・渡辺に初球を左前に運ばれ、犠打で1死二塁。勝ち越しのピンチで1番・山崎に右前適時打を浴びた。

カウント1-0。ストライクからボールになるスライダーを投げたかったが「中に入ってしまった」と悔やんだ。右翼・鈴木誠の送球もそれて1点を献上。続く中村を右邪飛に仕留めたところで降板し、2/3回を2安打1失点。佐々岡監督は「変化球の入りだと思う」と振り返り「ずっと開幕からいい形でやってきた中、打たれたのも勉強」と今後の教訓にすることを願った。

開幕2戦目から3試合連続でホールドを記録するなど、中継ぎ陣の一角として役割を果たしてきた。「次からしっかり役目を果たしたい」と左腕。敗戦を引きずることはない。すぐさま新たな戦いが訪れる。それがプロの世界。グッとのみ込んだ悔しさを、次回のマウンドで必ず晴らす。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加