広島逃げ切り勝利、神戸猛攻及ばず/広-神23節

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18

<明治安田生命J1:広島2-1神戸>◇第23節◇18日◇Eスタ

サンフレッチェ広島が逃げ切った。前半43分にMF森島の右CKから、DF佐々木が今季初得点となるヘディングシュートで先制。

さらに前半終了間際にFWレアンドロ・ペレイラが、ショートカウンターから左足で追加点を挙げた。

2点を追う神戸は後半39分、DFダンクレーが右足で反撃のゴールを決めた。その後も猛攻を続けたが、あと1点届かなかった。

広島は城福監督が親族の不幸でベンチから外れ、沢田ヘッドコーチが代役で指揮を執った。広島は対神戸戦4連勝となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加