メド準V「タフな数週間」

メド準V「タフな数週間」

  • tennis365
  • 更新日:2021/02/21
No image

(左から)ジョコビッチとメドベージェフ : 画像提供 ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は21日、男子シングルス決勝が行われ、第4シードのD・メドベージェフ(ロシア)は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に5-7,2-6,2-6のストレートで敗れ、悲願の四大大会初優勝とはならなかった。表彰式でのスピーチでは「タフな数週間だった」と語った。

>>ジョコや大坂ら全豪OP対戦表<<

決勝戦、メドベージェフはサービスゲームで4本のダブルフォルトが影響。さらにストローク戦でも主導権を握られてジョコビッチに7度のブレークを許し、1時間53分で力尽きた。

メドベージェフは「ジョコビッチ、おめでとう。チームにも祝福。9度目の優勝はとても素晴らしくて、他に言うことが見つからない。昔ジョコビッチが世界1位でウィンブルドンで優勝した時くらいに僕らはよく一緒に練習していて、僕にとってはとてもためになっていた」とジョコビッチを称えた。

「久しぶりに会話をしたときに彼はとてもフレンドリーで、昔のことをよく覚えていてくれた。それがとてもうれしかった」

「もちろん僕のコーチや妻には感謝している。でも彼らがコートサイドにいてくれたおかげで乗り越えることができた。もうすぐトロフィーを手にするために、これからも頑張る」

25歳のメドベージェフは2019年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初の決勝に駒を進めていたものの、R・ナダル(スペイン)に敗れタイトルに手が届いていなかった。

一方、勝利したジョコビッチは全豪オープンで3年連続9度目の優勝を果たした。

[PR]緊急開催!みんなで語ろう「大坂なおみ全豪優勝」
2/23(火・祝) 夜6:00頃よりWOWOWオンデマンド&WOWOWテニスワールドで配信予定!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加