仏で再びコロナ感染の波、オミクロン派生型が拡大=当局者

仏で再びコロナ感染の波、オミクロン派生型が拡大=当局者

  • ロイター
  • 更新日:2022/06/23

[パリ 22日 ロイター] - フランスのワクチン接種戦略を取りまとめる免疫学者のアラン・フィシェ氏は22日、前日の新型コロナウイルス感染者が約2カ月ぶりに9万5000人超に達する中、新たな変異株拡大を受け再び感染の波に直面していると述べた。

No image

フランスのワクチン接種戦略を取りまとめる免疫学者のアラン・フィシェ氏は6月22日、前日の新型コロナウイルス感染者が約2カ月ぶりに9万5000人超に達する中、新たな変異株拡大を受け再び感染の波に直面していると述べた。写真はマスクをして歩く人々。パリで2月撮影(2022年 ロイター/Sarah Meyssonnier)

フランス2テレビで、国内で感染が再び拡大していることは疑いないと指摘。個人的には公共輸送機関でのマスク着用義務を再び発動するのが好ましいと考えるとし、「問題はこの波がどの程度強力かだ」と述べた。

欧州ではポルトガルを中心に他国でもオミクロン変異株の2つの派生型「BA.4」と「BA.5」による感染拡大が見られている。欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると、この2つは同地域で主流になる公算が大きいとみられている。

フランスでは、5月末以降新規感染者が増加。7日間の移動平均は5月27日の1万7705人から6月21日の5万0402人に約3倍増えている。ただ、年初に記録した36万6179人は大きく下回っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加