ロッテ・佐々木朗がまたまたオリ打線を翻ろう「打たせてアウトを取りに行ったことがよかった」

ロッテ・佐々木朗がまたまたオリ打線を翻ろう「打たせてアウトを取りに行ったことがよかった」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/05/13
No image

4勝目をマークした佐々木朗(東スポWeb)

ロッテの佐々木朗希投手(20)がオリックスを手玉に取り、リーグトップタイの4勝目をマークした。13日の同戦(京セラ)は序盤に援護点をもらい、ストレートとフォーク、中盤から変化球を増やして相手打線を翻ろう。3回に遊ゴロの間に1点を献上するが、7回を6安打、1失点、無四球の快投を披露した。

「うまく打たせて取りながら投げることができた。オリックスは素晴らしい打線なのでどうにか1失点に抑えることができてよかった。どうにか7回までギリギリ投げることができた」と胸をなで下ろし、2安打、3盗塁、3得点とかき回した1番・高部に「いっぱい打って走ってくれて本当に感謝してます」と話した。

オリックスとは完全試合を達成した4月10日、5安打2失点で3勝目を上げた4月24日に続いて3度目の対戦。前回対戦で捉えられていたことを警戒し「まっすぐに対して前回から対応がいいので変に抑え込もうとせず、打たせてアウトを取りに行ったことがよかった。しっかり質のいいボールが行くように調整し、交わそうとせず、攻めて行った中でアウトを取ろうと思った」と明かした。

球数86球。最速163キロを計測したが、力で抑え込まず、長いイニングを少ない球数で投げ切ることを意識した。投げる度に投球の幅を広げる〝令和の怪物〟が、また一つ、成長を遂げた。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加