「歯」「パエリア」「ぶつだん」...これは何?商店街に謎のメッセージ

「歯」「パエリア」「ぶつだん」...これは何?商店街に謎のメッセージ

  • CBC news
  • 更新日:2022/08/05

名古屋の大通り沿いに突如、「歯」や「サイクル」などという単語だけが書かれた謎の「のぼり旗」が出現しました。

【写真を見る】「歯」「パエリア」「ぶつだん」…これは何?商店街に謎のメッセージ

千種区の広小路通を車で走っていると…突如、視線の先に飛び込んできた「歯」。そのほかにも「サイクル」。さらに「ガス」などの、共通点がみられない文字が書かれたのぼり旗がいくつも。

「歯」の のぼり旗の近くに来てみると、横には「歯科医院」が。そして、「サイクル」の のぼり旗の横には自転車店がありました。わかりやすく「電気屋」と書かれたのぼり旗近くの家電販売店に話を聞いてみると…

(家電販売店)
「商店街の人が頑張ってやっていけるように、町内の人が考えてくれた」

そこで、この通りの商店街組合の理事長を務めているという、精肉店に話を聞いてみると…

(仲田銀座商店街振興組合 杉本伸介理事長)
「商店街のサービスや商品を、道行く人に知らせるために今回作りました。新型コロナで商店街の売り上げも下がっていると思うので、これで少しでも売り上げが伸びれば」

仲田銀座商店街の加盟店では、新型コロナの影響で売り上げが減少。これまで地域で親しまれてきた「夏祭り」も3年連続で開催できませんでした。

そんな中、地域をなんとか盛り上げようと、考えられたのが、この「のぼり旗」。商店街組合が7月下旬、それぞれの店舗の業種やアピールポイントなどを単語1つで表記した「のぼり旗」をおよそ80万円かけて製作。31か所に設置し、インパクト重視で、ドライバーたちに店の存在を知ってもらおうという作戦です。

大通り沿いに突如現れた謎の暗号、それは生き残りをかけた商店街が「新型コロナに負けない」という強い思いで、新たに始めた取り組みでした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加