神戸国際大付が大会2連覇に王手 圧巻!1年生左腕高松が4回を完璧救援 高校野球兵庫大会

神戸国際大付が大会2連覇に王手 圧巻!1年生左腕高松が4回を完璧救援 高校野球兵庫大会

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/05

◇春季高校野球兵庫大会準決勝 神戸国際大付1ー0東洋大姫路(2021年5月4日 ウインク姫路)

No image

<神戸国際-東洋大姫路>6回から登板した神戸国際・高松は4回をパーフェクトリリーフし、笑顔で列に並ぶ(撮影・井垣 忠夫)

今春センバツに出場した神戸国際大付が東洋大姫路を下し、春季兵庫大会2連覇(昨春は新型コロナウイルスの影響で中止)に王手をかけた。

3―4の5回1死一塁から「1番右翼」で出場した今秋ドラフト候補の阪上翔也(3年)が右越えへ同点適時三塁打。なお1死一、三塁から武本琉聖(3年)の投前スクイズで決勝点を挙げた。

公式戦3試合目の登板となった1年生の高松成毅(たいき)は6回から救援し4回を無安打無失点のパーフェクトリリーフ。「変化球とストレートで同じ腕の振りができた」と初々しい笑みを浮かべた。前日準々決勝の三田松聖戦でも打者2人をピシャリ。父の友人の息子が同校出身の平内龍太(巨人)というつながりで、憧れて入学した。

「テレビでセンバツを見ていて、すごい投手がたくさんいると思った。この中で自分がやるには阪上さんや楠本さん(晴紀)に勝たないといけない」

青木尚龍監督も「コントロールがいい。四球から崩れない」と評価する逸材。下級生でも遠慮せず、エース争いを混沌とさせるつもりだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加