日米外相 G7とオンラインで...ウクライナのエネルギー支援を協議

日米外相 G7とオンラインで...ウクライナのエネルギー支援を協議

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/25
No image

動画を見る(元記事へ)

アメリカのブリンケン国務長官と林外務大臣はウクライナのエネルギー支援を協議するため、G7=主要7カ国などとオンライン会合を開催しました。

アメリカ国務省によりますと、ブリンケン国務長官は24日の会合で、アメリカがウクライナの電力インフラなどを復旧させるため、変圧器や移動式のガスタービン、配電変電所の修理器具の調達などで、1億2500万ドル=およそ163億円を支援したことを強調しました。

そのうえで、この冬にウクライナの電力などのインフラを支えるため、G7など支援国が緊密に連携していくとしています。

林外務大臣は、日本としておよそ300台の発電機や8万3500台のソーラー・ランタンの供与を実施し、さらなる発電機の供与も検討していると述べました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加