侍Jの守護神・栗林投手に出身地から「市民栄誉賞」シーズン中のため市消防本部勤務の兄が代わりに受け取る

侍Jの守護神・栗林投手に出身地から「市民栄誉賞」シーズン中のため市消防本部勤務の兄が代わりに受け取る

  • 東海テレビ
  • 更新日:2021/10/14
No image

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

東京オリンピックで金メダルを獲得した侍ジャパンのメンバーで、広島東洋カープの栗林良史投手に14日、愛知県愛西市から市民栄誉賞が贈られました。

東京オリンピックで、侍ジャパンの守護神として金メダル獲得に貢献した栗林良史投手。出身地の愛知県愛西市から市民栄誉賞が贈られました。

栗林投手はシーズン中のためリモートで出席し、日永貴章市長に金メダル獲得を報告しました。

14日は、リモート出席の栗林投手に代わり、愛西市消防本部で消防隊員をしている兄の勇太さんが「市民栄誉賞」を受け取りました。

また、栗林投手の母校の小・中学校の子供達からビデオメッセージも贈られ、栗林投手は今後の活躍を誓っていました。

栗林投手:

「愛西市の代表としてオリンピックに参加できて、愛西市民栄誉賞の初めての受賞が僕ということは本当に嬉しく思います。オフシーズンには小学校にも中学校にもご挨拶にあがりたいです」

東海テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加