「ミスマガ審査員特別賞」大槻りこ、大胆ビキニまとい圧倒的ポテンシャル発揮

「ミスマガ審査員特別賞」大槻りこ、大胆ビキニまとい圧倒的ポテンシャル発揮

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/10/17
No image

『週刊ヤングマガジン』47号に登場する大槻りこ

多数のアイドル・女優・歌手を輩出し、昨年7年ぶりに復活した名門ミスコン「ミスマガジン2020」で「審査員特別賞」を受賞した大槻りこ(18)が、17日発売の『週刊ヤングマガジン』47号(講談社)グラビアに登場。圧倒的なスピードで急成長する逸材が、秘められたポテンシャルを大胆に解き放った。

【別カット】ミスマガ2020!美バストを披露した大槻りこ

「ミスマガジン2020」の審査期間中に驚異の成長スピードで、審査員を驚かせた大槻。女優としても舞台の主演を務める美少女が、受賞記念のソログラビアで多彩な表情と身長165・B81・W60・H87センチのプロポーションを見せつけた。

学生時代に陸上で都大会代表出場、水泳では全国大会に出場経験ありのスポーツウーマンが、アクティブな水着から王道のビキニ、さらにはデコルテラインをあらわにしたチューブトップまで、さまざまな水着をまとい、ミスマガとしての華々しくデビューした。

今回の受賞者は早川のほか、グランプリの新井遥(20)、『ミス週刊少年マガジン』の菊池姫奈(15)、ミスヤングマガジン』の後藤真桜(17)、読者特別賞の早川渚沙(20)。再開された2018年から3年目の開催で、応募総数2788人による最高の接戦から5人が選ばれた。同号には、早川のグラビアも掲載される。

また、同号の表紙と巻頭グラビアにはテレビ朝日の三谷紬アナウンサーが登場。ダイエット動画が驚異の再生数を記録するなど、今一番バズってる人気アナが、最高に明るい笑顔とヘルシーボディを解禁した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加