大学生主催のパブリックビューイング ワールドカップ・コスタリカ戦 学生たちの新たな交流も<福島県>

大学生主催のパブリックビューイング ワールドカップ・コスタリカ戦 学生たちの新たな交流も<福島県>

  • 福島ニュース 福テレ
  • 更新日:2022/11/25
No image

福島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

FIFAワールドカップでグループリーグ第1戦で強豪ドイツに勝利した日本。

次のコスタリカ戦でパブリックビューイングを企画した大学生は、大きな期待を抱きながらいま準備を進めている。

福島大学3年・畠山翔太朗さん:「(日本代表は)諦めずにまあ後半2点取って、逆転をしてくれたというなんかストーリーとしても凄い胸が熱くさせてくれましたし、同じような興奮を当日も60人で味わいたいなと思っています」

日本代表の活躍に熱い視線を送る福島大学3年生の畠山さんと森田さん。

次のコスタリカ戦でパブリックビューイングを福島市で行うために9月から準備を進めてきた。

福島商工会議所などのサポートを受けながら、チラシのデザインを手掛けただけでなく、自ら立ち上げたSNSからチケットを購入するシステムも構築。

18歳以上の学生に限定したパブリックビューイングを企画した背景には、抱き続けていた思いがあったからだ。

福島大学3年・森田光稀さん:「(コロナ禍で)なかなか友達だったり、先輩・後輩と関わる時間が奪われてしまったので、そういう場所や時間を自分たちで作れたらなと思って」

パブリックビューイングの定員は60人。

チケットは前売りで1000円、「福島学生イベント会」のインスタグラムから購入出来る。

日本のグループリーグ突破がかかる第2戦は、学生たちにとっても新たな交流につながる大切な時間となる。

福島大学・森田光稀さん:「沢山の方のご来場をお待ちしています」

2人:「頑張れ!ニッポン!」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加