【京王杯SC予想】近走充実、別定54kgならチャンス十分

【京王杯SC予想】近走充実、別定54kgならチャンス十分

  • netkeiba.com
  • 更新日:2022/05/15
No image

京王杯スプリングカップに出走するメイケイエール(撮影:井内利彰)

優勝馬には安田記念への優先出走権が付与されるレースで、過去10年間においてこのレースをステップに本番へ挑んだ馬は2勝2着2回3着1回。逆にこのレースの勝ち馬は8頭が出走し2着、3着が1回ずつ。今年に関して言えば、翌日に行われるヴィクトリアマイルを横目に、ここへと駒を進めてきた7頭の牝馬の取捨がポイントになりそうだ

◎メイケイエールはチューリップ賞など重賞4勝。前進気勢が強すぎるためにレースでは折り合いを欠くこともままあったが、距離短縮、そして厩舎サイドの工夫でレースぶりが安定してきた。今回は久しぶりの1400m戦となるが、この距離では阪神競馬場とはいえ2歳レコードを樹立している。重馬場で行われた前走の高松宮記念は5着とはいえ勝ち馬から0.1秒差で、大外枠だったことを考えれば評価を下げるものではない。別定54kgは他馬との比較で明らかに有利だ。

〇タイムトゥヘヴンはダービー卿CTの覇者。3歳春シーズンは逃げて良績を残していたが、昨年秋シーズンから追い込みにシフトし、前走のダービー卿CTはハイペースに乗じて大外から豪快に突き抜けた。桜花賞馬を母に持つロードカナロア産駒でマイル適性は高い。長い直線を利して前走以上のパフォーマンスが引き出されても不思議ではない。

▲スカイグルーヴは京成杯、そして京都牝馬S2着馬。スケールの大きな血統背景からデビュー直後は長い距離を使われて、それなりの結果を残してきたが、距離短縮でレースぶりが安定してきた。1400mは3戦して1勝2着2回。東京競馬場も5戦して大きく崩れたのは古馬と初顔合わせとなった1回だけという得意な舞台で、重馬場も悪くない。

△シャインガーネットは、重馬場で行われたファルコンSの優勝馬で、昨年は0.3秒差6着だった。左回りは得意で、シルクロードS2着。この時は3着ナランフレグに先着しており、高松宮記念も7着とはいえ0.3秒差で着順から受けるイメージほど崩れていない。逃げ、先行馬が多い今回、展開も向きそうだ。

△ラウダシオンは昨年の覇者。成績が安定しない馬だが、東京競馬場は比較的相性が良く、NHKマイルカップに勝ち、富士S2着。遠征帰りを割り引いても無視はできない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加