ピッチベンドでかつてない表現を可能にする超能力プラグイン「Fluid Pitch」、スケールに沿ったベンドやMPE対応、マイクロチューニングも搭載

ピッチベンドでかつてない表現を可能にする超能力プラグイン「Fluid Pitch」、スケールに沿ったベンドやMPE対応、マイクロチューニングも搭載

  • BARKS
  • 更新日:2021/06/10
No image

ハイ・リゾリューションが、インド・チェンナイに拠点を置くPitch Innovations製品の日本国内における総輸入代理店業務を開始。ピッチベンディングに特化したプラグイン「Fluid Pitch」をリリースした。

Pitch Innovationsが開発する「Fluid Pitch」は、汎用MIDIキーボードの可能性を大きく飛躍させるピッチベンディングに特化したMIDIプラグイン。Mac、Windowsに対応し、フォーマットはAUとVSTをサポート(AAX、iOSにも対応予定)。旧来のキーボード演奏での操作では成しえなかったポリフォニック・ピッチベンディング機能を提供するほか、非対応MIDIデバイスに対してもMPE(MIDI Polyphonic Expression)機能と恩恵をもたらす。

まず注目したいのは、MIDIコントローラーのピッチホイールをスケール内に制御できること。本プラグインはシンセやサンプラープラグインの前にインサートして使用。キーとスケールを選択するだけで、ピッチベンドをスケール内に可変。スケールから音を外すことなくベンドできるようになる。スケールはさまざまなプリセットから選択できるほか、特定のノートをアクティブまたは非アクティブにしてカスタマイズすることも可能だ。

また「Fluid Pitch」は、世界初のMIDI to MPE Upscaleプラグインでもある。これを利用するだけで、標準のMIDIコントローラーがMPEデバイスに早変わり。ポリフォニックピッチ出力が可能となり、コード全体を自然にピッチベンドすることができる。さらにMPEモードではモジュレーション・ホイールはMPEにおける垂直の動きを、アフタータッチは圧力をエミュレートし、MPE対応のシンセで多彩な表現が可能となる。

各ノート情報に対して最大100セントの上下を加えられるマイクロ・チューニング機能の搭載も大きなトピック。音階の複雑なインディアン・ラーガやアラブのクラシックの基礎となるマカームをはじめ独自のスケールの構築も実現する。このほか、ピッチベンドホイールを使って真のレガート演奏を可能ににする「NO LAST BEND」機能や、ピッチベンドの戻りを無視する「NO RETURN BEND」機能なども搭載する。詳しくは解説ビデオ(字幕付き)をチェックしてほしい。

取り扱い開始記念として、「Fluid Pitch」を約50%オフで購入できるSPECIAL JUNE OFFERを実施。「Fluid Pitch」を従来価格の約半額におよぶディスカウントで提供する。セール期間は6月30日まで。

製品情報

◆Fluid Pitch
通常価格:9,075円/セール価格:4,676円(税込) ※価格はレートにより変動します。
発売日:2021年6月9日

関連リンク

◆Fluid Pitch 製品詳細ページ
◆ハイ・リゾリューション
◆楽器人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加