阪神・ドラ4茨木 目標は「最多勝」 ダルが憧れ!札幌出身、幼い頃から投球術に心酔

阪神・ドラ4茨木 目標は「最多勝」 ダルが憧れ!札幌出身、幼い頃から投球術に心酔

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/27
No image

阪神と仮契約を交わした帝京長岡・茨木(阪神タイガース提供)

阪神からドラフト4位で指名された茨木秀俊投手(18)=帝京長岡=が24日、札幌市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金4000万円、年俸500万円で仮契約を結んだ。憧れと話すパドレス・ダルビッシュの投球術を日頃から観察している茨木は、同じ高卒からプロの門を叩いたダルビッシュ、エンゼルス・大谷、オリックス・山本が達成した「最多勝」のタイトルを目標に掲げた。(金額は推定)

チームを勝たせる大黒柱になる。「最多勝を取りたい」と夢を抱く茨木は、ある投手が魅せる投球術の“とりこ”になっていた。今季メジャーで16勝を挙げ、20年にカブスで日本選手初の最多勝を獲得したダルビッシュ。札幌ドームに足を運んでいた幼い頃から、憧れてきた背中だ。

「チームの顔。すごい記録、成績を残されている。チームを勝たせられる力を持っているので憧れています」

参考にしているのは、投球の間合いと配球面だ。「ピンチの場面での気持ちの入れ方が映像でも伝わってくる。配球も3球真っすぐで三振を取った場面だったり、ここでカーブが来るのかってところで投げるので」。クレバーな投球スタイルにくぎ付けになった。

茨木本人について、筒井スカウトは「投手として大切なマウンドでの表情もいいし、細かいけん制、フィールディングがうまい。投球、野球センスは高校生の中でも抜けている」と太鼓判を押した。

憧れのダルビッシュ、大谷、山本は同じ高卒入団で1年目に初勝利を挙げ、後に最多勝を獲得した(ダルビッシュはMLB)。「3年目までには活躍できるように頑張りたい。自分も日本球界を代表する投手になりたい」と決意した茨木。壮大な野望を抱き、プロの世界に飛び込む。

◆茨木 秀俊(いばらぎ・ひでとし)2004年6月8日生まれ、18歳。北海道札幌市出身。182センチ、85キロ。右投げ右打ち、投手。小学2年時に「手稲ヤングスターズ」で投手として野球を始め、手稲中では「札幌東シニア」に所属。帝京長岡では1年夏からベンチ入り。最速は147キロ。変化球は縦横のスライダーとチェンジアップ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加