融資金詐欺 起訴の寝屋川市議を“窃盗”で追送検

融資金詐欺 起訴の寝屋川市議を“窃盗”で追送検

  • KBC九州朝日放送
  • 更新日:2022/11/25

大阪・寝屋川市議の女がコロナ禍の融資金をだまし取ったとして逮捕・起訴された事件で、福岡県警は25日、だまし取った金を貸金庫から盗んだ疑いで女を追送検しました。

寝屋川市議の吉羽美華被告(42)はコロナ禍で設けられた福祉医療機構の融資制度を悪用し、医療法人などから約2億9000万円をだましとったとして、詐欺罪で起訴されています。

一連の事件は、共犯として起訴されている渡部秀規被告(48)が、福岡市にある金融機関の貸金庫に預けていた金を盗まれたと警察に相談したことから発覚しました。

警察によりますと、貸金庫にあったのは詐取された被害金で、吉羽被告は去年2月、知人の女(42)と共謀してこの被害金約1億5500万円を盗み出したとして、25日窃盗容疑で追送検されました。

KBC九州朝日放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加