三重県立美術館が開館40周年 記念式典、関係者ら祝う

三重県立美術館が開館40周年 記念式典、関係者ら祝う

  • 伊勢新聞
  • 更新日:2022/09/23

【津】三重県立美術館(津市大谷町)は22日、開館40周年の記念式典を開いた。絵画などの約400点を同館に寄贈している岡田文化財団などから約80人が出席し、同館の新たな門出を祝った。

速水豊館長は式典のあいさつで、開館40周年を前に所蔵品をまとめた冊子を作成したと紹介。「財政的な困難さや設備の老朽化などを抱えているが、次の40年に向けて発展できるよう努力したい」と述べた。

一見勝之知事は、お見合いで同館を訪れたことを紹介した上で「ルノワールの作品が印象的だった」と振り返った。「これからも県民に愛される美術館となるよう、皆さんの支援をいただきたい」と述べた。

同館は昭和57年9月25日に開館し、約574万人が訪れた。23日から11月6日までは開館40周年を記念し、津藩の大坂屋敷に勤めた岡田米山人と子の半江による書画の企画展を開く。

伊勢新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加