川本武史が日本新連発V「気持ちいい」50mバタ

川本武史が日本新連発V「気持ちいい」50mバタ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17
No image

川本武史(18年11月9日)

<競泳:短水路日本選手権>◇第1日◇17日◇東京辰巳国際水泳場◇男子50メートルバタフライ決勝ほか

川本武史(25=トヨタ自動車)が、日本新連発で優勝した。予選で田中優弥(22=新潟医療福祉大)と競り合いながら、フィニッシュ。同タイムの22秒41で、ともに日本新となった。この時点で、従来の記録22秒49(09年岸田真幸)を11年ぶりに更新した。

迎えた決勝は、号砲から飛び出して、田中から体半分のリードを奪った。タイムは22秒19と予選のタイムをさらに0秒22も更新した。「予選とは違う緊張感で上がったので、タイムが上がったのかなと思う。やっぱり日本記録、自己ベストはうれしい。気持ちいいですね」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加