「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」コロナ禍公開映画の世界興収第1位に

「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」コロナ禍公開映画の世界興収第1位に

  • 映画.com
  • 更新日:2021/11/25
No image

「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」 (C)2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

通算第25作目にあたるシリーズ最新作「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」(キャリー・ジョージ・フクナガ監督)が、コロナ禍に公開された映画作品として世界興収トップとなった。

「007 カジノロワイヤル」から5作品にわたって007ことジェームズ・ボンド役を演じたダニエル・クレイグの引退作となった「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」は、世界総興収7億3300万ドルを突破。これまでコロナ禍に世界公開された映画では世界興収1位だった「ワイルドスピード ジェット・ブレイク」を抜き、トップとなった。

なお、同作は、アメリカではMGM傘下のユナイテッド・アーティスツ、国外ではユニバーサルが配給している。

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」は現在公開中。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加