政府の“バラマキ”で何が起きるか......税制研究の第一人者が警鐘

政府の“バラマキ”で何が起きるか......税制研究の第一人者が警鐘

  • 文春オンライン
  • 更新日:2020/06/05

政府は5月27日、二次補正予算を閣議決定した。安倍晋三首相は「空前絶後の規模」と強調し、二次補正まで含めた2020年度の一般会計の歳出は160兆円にのぼる。コロナ対策だけに大判振る舞いする政府に批判の声は上がりにくい。
 だが、税制研究の第一人者の土居丈朗・慶應義塾大学教授が、警鐘を鳴らす。
「一般会計予算の推移をあらわす図を『ワニ口グラフ』と呼んでいます。歳出が上あご、税収が下あごにあたり、歳出

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加