NVIDIA、大きくバージョンナンバーが進んだ「GeForce Game Ready Driver 496.13」

NVIDIA、大きくバージョンナンバーが進んだ「GeForce Game Ready Driver 496.13」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

米NVIDIAは10月12日(現地時間)、同社グラフィックスカード製品向けドライバの最新バージョン「GeForce Game Ready Driver 496.13」の提供を開始した。既に安定版であることを示すWHQL認定を受けており、Windows 10 / Windows 11の両方で利用可能。配布ページから無料でダウンロードして適用できる。

NVIDIA GTC、11月8日から開催 - ジェンスン・フアンCEOが登壇する基調講演も

NVIDIA GeForce製品でのゲーミング体験を改善するアップデート。今回のアップデートでは『Back 4 Blood』『Baldur’s Gate 3』『Crysis Remastered Trilogy』などの新作タイトルを新しくサポートに加えたほか、『Rise of the Tomb Raider』『Shadow of the Tomb Raider』などのベストセラータイトルでNVIDIA DLSS技術に新しく対応。旧タイトルでのNVIDIA DLSS対応ではパフォーマンスが大幅に改善し、全てのGeForce RTXシリーズグラフィックスで4K/60pでのゲームプレイが行えるようになるという。

また、以下のタイトルでGeForce Experienceの最適化設定を利用できるようになる。ワンクリックでハードウェアに対応した適切なグラフィックス設定をロードできるというもので、今回のアップデートによって最適化設定対応タイトルは合計1,000タイトルを超えたとしている。

Alan Wake Remastered
Diablo II: Resurrected
Far Cry 6
FIFA 22
Hot Wheels Unleashed
Industria
Kena: Bridge of Spirits
MIR4
New World
Sable
Severed Steel
Tales of Arise
The Legend of Heroes: Hajimari No Kiseki
Titan Quest: Anniversary Edition
World War Z: Aftermath

GeForce Game Ready Driver 496.13は既に配布ページで提供されているほか、GeForce Experienceの「ドライバー」タブからアップデートをダウンロードして適用できる。

原修一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加