【RIZIN】夏の終わりを意識した“青い”伊澤星花「今回は笑顔で終われるように頑張ります」

【RIZIN】夏の終わりを意識した“青い”伊澤星花「今回は笑顔で終われるように頑張ります」

  • ゴング格闘技
  • 更新日:2022/09/25
No image

2022年9月25日(日)さいたまスーパーアリーナ『超RIZIN/RIZIN.38』に出場する全選手の個別インタビューが、23日(金)都内にて行われた。

『RIZIN.38』にてRIZINスーパーアトム級(49kg)ワールドGP準決勝5分3Rで、アナスタシア・スヴェッキスカ(ウクライナ・SC BORETS/SUBHUNTER)と対戦する伊澤星花(日本・フリー)は、恒例となっている星型の髪の編み込みは青色で登場。「今回コスチュームが水色なので星は青にしました。夏の終わりということで夏にぴったりと思って。今回は夏をイメージして水色のパーカーで出ようと思っています」と、そのコンセプトを説明。

「今週はよくなっていましたが、その前はCOROさんにボコボコにされて病んでいました。そのつらい時期は乗り越えて今は試合が楽しみな状況です。凄い試合が楽しみ」とワクワクを隠せない伊澤。最近の試合では終わった後に嬉しさや悔しさで泣くことが多いか「今回は笑顔で終われるように頑張ります」とした。

No image

対戦相手の印象は「アナスタシアは前回の試合しか見てないんですけれど、打撃も強い選手。データだと寝技も強いので全部強い選手って印象です」とし、自身は「対策というよりも自分の動きをやる練習をしてきました」という。

「まず打撃で距離を取り合って、自分の持ち味のテイクダウンして、そこから寝技で極めたいと思っています」と、かなりシンプルなプランを口にし、「前回8アナスタシアの)寝技が見れれなかったので、寝技がどれくらいかが警戒するポイントですかね」とする。

この後、パートナーのCOROを始め牛久絢太郎らチームの仲間のタイトルマッチが続くことから、「普段いつも練習してくださる人たちがいい勢いで戦えるように自分がスッキリ勝ちたいと思います」とバトンをつなげたいとし、弟の風我が11日のDEEPで敗れはしたものの大激闘を展開したことに「弟とはいつも練習していて成長を感じていたので、今までの試合では一番レベルが高くて面白い試合だったので弟の成長が自分の中でも嬉しいですし、私ももっと頑張らないとなって刺激になります」と刺激を受けた。

王者としての自覚はどういうものかとの質問には「している時もあれば王者らしくない時もあるのでちょっとずつって感じです。今回ダントツで優勝して、王者としての自覚が持てるようにしたいと思います」と、そこに関してはまだこれからだという。

世界へ向けて何をアピールしたいかと聞かれると「女子格闘技というと男子よりも勢いがないので、世界だと自分の階級がまだ少ないのでアトム級が面白いんだぞってアピールして、世界でその階級が増えて来れば嬉しいなと思います」と、アトム級戦線が世界的にもっともっと拡大していくように自分がインパクトを残すと語った。

ゴング格闘技

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加