ミシュランシェフの新作も! チョコレート業界に革命を起こす“瓶チョコ”デザート

ミシュランシェフの新作も! チョコレート業界に革命を起こす“瓶チョコ”デザート

  • ananweb
  • 更新日:2022/01/14

チョコレート業界に革命を起こす、挑戦ともいえるような画期的な瓶アイテムが続々。オンラインで買えるのも瓶ならではの魅力。

新しい試みが楽しい“瓶チョコデザート”。

No image

1、ミシュランシェフが、新たにカカオを表現。

maquia de cacao(マキア・ド・カカオ)
3つのショコラ ¥4,320

ミシュラン2つ星レストラン『エディション・コウジ シモムラ』が、昨年11月にカカオを中心としたスイーツブランドを立ち上げて話題に。下村浩司シェフのショコラ好きは有名。もともとお店でコースのお茶菓子として提供していた「ザ・ピーカンナッツショコラ」が大人気で、ブランド化を決定。今回はそれに、シェフが愛するホンジュラス産カカオ「マヤ・レッド」の個性を引き出した新作の「カカオ サブレ マヤルージュ」と、「パールミックス ショコラ」の3瓶をセットでお届け。

2、“オペラ”をイメージした、11層の芸術的なパフェ。

EMME(エンメ)
オペラな瓶パフェ ¥2,200

表参道のワインバーとアシェットデセールの店『EMME』の人気パフェをそのまま瓶に詰め込み、自宅でも手軽に味わえるように。シグネチャーの瓶パフェは、コーヒー風味のクリームとチョコレートを交互に挟んだフランス伝統菓子「オペラ」をパフェで表現。チョコレートムース、エスプレッソとラム酒を染み込ませたビスキュイ、柑橘ソース、ラム酒のジュレなど11層からなる。複雑な構成ながら香り、食感、あと味まで計算し尽くされ、さまざまな食材が織りなす、絶妙なハーモニーを楽しめる。

3、新食感カカオスイーツはハイブリッドなおいしさ。

CACAOLOGY(カカオロジー)
カカオクリュ 定番4種詰め合わせ ¥4,000

昨年12月に誕生した、カカオの新たな形を探求するためのチョコレートブランド。看板商品の「カカオクリュ」は、生チョコの濃厚さと、チョコレートプリンのなめらかさを掛け合わせた、全く新しいカカオスイーツ。マダガスカル、トリニダード・トバゴ産など、世界中から取り寄せたカカオ豆を自社工房で丁寧に選別・焙煎して作り上げる。それぞれ異なる産地のカカオを使用した定番品は、フルーティなバニラ、ナッティなロースト、甘みと酸味のあるエキゾチック、燻製した桜チップが香るスモークの4種類。

※『anan』2022年1月19日号より。写真・津留崎徹花 スタイリスト・荻野玲子 監修・chico 取材、文・鈴木恵美 撮影協力・UTUWA

(by anan編集部)

ananweb 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加