キヤノンITS、端末エミュレーター「TCPLink Enterprise Server」の最新版

キヤノンITS、端末エミュレーター「TCPLink Enterprise Server」の最新版

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/01/14
No image

キヤノンITソリューションズ(キヤノン ITS)は1月14日、端末エミュレーター「TCPLink Enterprise Server」の新バージョンを、同日から販売開始したことを発表した。

キヤノンITSとアット東京のデータセンターが接続、両社のサービスが利用可能に

「TCPLink Enterprise Server」は、メインフレームのオンライン端末機能をさまざまなクライアント(PC、仮想環境、シンクライアント、スマートデバイスなど)のWebブラウザ環境で実現する、Web対応端末エミュレータ。

IBM(TN3270/TN3270E 接続)、富士通(TN6680 接続、FNAonTCP/IP 接続)、日立(TN560 接続、HNALAN 接続)、NEC(tnETOS 接続)、IBM i(TN5250 接続)のマルチホストに対応し、純正エミュレータとの高い互換性やサーバ導入型で管理・運用の負荷を軽減するのが特徴だ。

最新バージョンでは、Amazon Web Services(AWS)・Microsoft Azureのクラウド環境に対応したほか、対応サーバーOSに「Windows Server 2019」を追加した。

また、IBM i向け純正エミュレーターとの互換性を強化し、純正エミュレーターで使用していたプリンター定義ファイル(Printer Definition File: PDF)を使った印刷機能の対応や、データ転送用の対応ファイル形式の追加など、エミュレーターの主要機能である印刷機能とデータ転送機能を中心に強化されている。

TCPLink Enterprise Serverの価格は、ベースライセンスが60万円(税別)、1ユーザーライセンスが3万円(税別)。なお、この価格は最小構成で、同時セッション数やユーザー数などによって変動する。

早川厚志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加