【ムエローク】“ムエタイ才女”伊藤紗弥、白黒セパレーツ姿で気合のマッスルポーズ!「4本目の世界王者ベルトを獲りにいく」=5.15

【ムエローク】“ムエタイ才女”伊藤紗弥、白黒セパレーツ姿で気合のマッスルポーズ!「4本目の世界王者ベルトを獲りにいく」=5.15

  • イーファイト
  • 更新日:2022/05/14
No image

伊藤は宣言通り、4本目のムエタイ世界王者のベルトを手にすることができるのか。

5月15日(日)東京・八王子市富士森体育館で開催されるムエタイイベント『ムエローク 2022 八王子』の前日計量が14日に行われた。
メインイベントのIPCC女子アトム級(46.5kg)王座決定戦で対戦する、“ムエタイ才女”伊藤紗弥(尚武会)は46.10kg、ナムワン・ソーコンクラパン(タイ)で46.00kgで共に計量をパスした。

【フォト】伊藤の白黒セパレーツ姿でマッスルポーズ!

伊藤は白と黒のセパレーツ姿でマッスルポーズ。万全の仕上がり具合をアピールした。

計量後、伊藤は自身のSNSにて「明日4本目のムエタイ世界ベルトとりにいきます。応援宜しくお願い致します」とコメントした。

伊藤は4歳の頃からムエタイを始め、僅か13歳でWPMF女子世界ピン級暫定王座を獲得。その後はWBCムエタイ、WMCなど世界三冠王となり“天才ムエタイ少女”として名を馳せた。
20年2月初のRISEへの参戦で、NJKFミネルヴァ日本ピン級王者Ayakaに初のKO負けを喫したが、昨年4月にAyakaへリベンジを果たしBOM女子ピン級王座を獲得。9月にはRISE QUEENアトム級王者・宮﨑小雪とのワンマッチに敗れたが、延長戦にもつれ込んだ上2-0の僅差判定に、ヒジ無しでも一線級であると評価を上げた。
前戦は11月で、判定勝利でBOM女子ライトフライ級王座を獲得し、BOM二階級制覇を達成。”天才ムエタイ少女”から”ムエタイ才女”へと躍進を遂げている。

対するナムワンは71戦51勝の戦績を持ち、ムエタイ殿堂・ルンピニースタジアムへも参戦しているファイター。スタイルはテクニシャンで、スピードもあるとのことだ。

果たして、伊藤は宣言通り、4本目のムエタイ世界王者のベルトを手にすることができるのか。

▶︎次ページは【フォト】伊藤の白黒セパレーツ姿でマッスルポーズ!全試合の計量結果も
▼【フォト】伊藤の白黒セパレーツ姿でマッスルポーズ!全試合の計量結果も

No image
No image
No image
No image
No image

※以下は全試合の計量結果

尚武会、レンジャージム
『ムエローク 2022 八王子』
2022年5月15日(日)東京・八王子市富士森体育館

▼メインイベント IPCC女子アトム級(46.5kg)王座決定戦
伊藤紗弥(尚武会)→46.10kg
vs
ナムワン・ソーコンクラパン(タイ)→46.00kg

▼第9試合 WMCミドル級(72.5kg)
クリスチャン・ジョセフ(尚武会)→72.3kg
vs
ワラウット・フェニックス(PHOENIX)→70.4kg

▼第8試合 62kgマッチ
津橋雅祥(STELLA KickboxingGym)→62kg
vs
シンダム・サンライズジム(SUNRISEGYM)→62kg

▼第7試合 WMC40kg王座決定戦 2分5R 肘あり
SORA(尚武会)→39.5kg
vs
阿部焔(エイワスポーツジム)→39.1kg

▼第6試合 WMCスーパーライト級(63.5kg)
中尾満(エイワスポーツジム)→63.4kg
vs
鉄也(戦−IKUSAGYM)→63.0kg

▼第5試合 62kgマッチ
真吾(レンジャージム)→61.8kg
vs
龍斗(戦−IKUSAGYM)→60.5kg

▼第4試合 WMCライト級(62kg)
船木悠輝(尚武会)→61.2kg
vs
深井陽太(レンジャージム)→61.3kg

▼第3試合 80kgマッチ
長谷川拓也(レンジャージム)→79.6kg
vs
中川達彦→78.4kg

▼第2試合 ヘビー級
大畠正士(尚武会AKIBA)→100kg
vs
ナイト(レンジャージム)→89.8kg

▼第1試合 WMCライト級(62kg)
考野天河(健成会)→61.7kg
vs
戸田龍将(TRY HARD GYM)→61.8kg

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加