巨漢相手にひるまず突進 霧馬山が無傷の4連勝 大相撲秋場所4日目

巨漢相手にひるまず突進 霧馬山が無傷の4連勝 大相撲秋場所4日目

  • 毎日新聞
  • 更新日:2021/09/15
No image

霧馬山(左)が寄り切りで逸ノ城を破る=東京・両国国技館で2021年9月15日、前田梨里子撮影

大相撲秋場所4日目は15日、前頭の霧馬山が小結・逸ノ城を破って無傷の4連勝とした。

【写真特集】照ノ富士が4連勝 大相撲秋場所4日目

巨漢を相手にひるまず攻め続け、白星を引き寄せた。霧馬山が連日の粘りで、自身初となる初日からの4連勝を果たした。

「立ち合いで遅れてしまった」と、逸ノ城が得意とする右四つに組んだが、つかんだ左で投げを打つなど揺さぶった。頭を付けて我慢しながら、最後は引きつけて体重206キロの相手を寄り切った。土俵下の錦戸審判長(元関脇・水戸泉)は「終始攻めていた。力を付けている」と評価した。

モンゴルの遊牧民の家に育った霧馬山は元大関・霧島が師匠の陸奥部屋に入門し、2015年夏場所に初土俵を踏んだ。乗馬などで鍛えられた足腰は強く、3日目の高安戦では3分を超える勝負をものにするなど、粘りの源になっている。

霧馬山にとって心強いのは、鶴竜親方の存在だ。先代井筒親方(元関脇・逆鉾)が亡くなり、19年秋場所後に井筒部屋から陸奥部屋へ移った元横綱から助言を受けているという。逸ノ城の攻略についても「まわしをとったら頭を付ける、と教えてもらった。それを守った」と明かした。

5日目は結びで照ノ富士と対戦する。「自分の相撲を取っていきたい」と霧馬山。安定感が光るモンゴル出身の新横綱にも粘りを発揮できるか。【村社拓信】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加