大阪「戸郷2世」9回2失点完投 プロ注目右腕長友で夏初戦勝利/大阪

大阪「戸郷2世」9回2失点完投 プロ注目右腕長友で夏初戦勝利/大阪

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21
No image

プロ注目の大阪・長友一夢投手は投手板の三塁側を踏み、角度をつけた球筋で打者を圧倒した

<高校野球大阪大会:大阪3-2山田>◇2回戦◇21日◇南港中央

最速147キロ右腕でプロ注目の大阪・長友一夢(ひとむ)投手(3年)が9回2失点完投で、夏の初戦突破に貢献した。

横手投げで角度をつけて投球。同点で迎えた8回1死一、三塁では外角にカットボール、スライダーを制球して追い込み、最後も空を切らせた。ピンチを脱し、9回にサヨナラ勝ちだ。長友は「少し、最初は緊張していた。自分のリズムで投げられなかった。途中からいつも通りでした」と振り返った。7月上旬の練習試合で自己最速の147キロを計測。長友は「(巨人)戸郷さんに似ていると言われます」と明かす。今季、巨人で8勝を挙げた戸郷翔征投手(21)をほうふつさせる投球フォームで勝負する。これまでプロ11球団が視察し、この日も3球団のスカウトが熱視線を寄せた。粘り強く追いすがる山田を封じて幸先よく滑り出した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加