エンゼルス・大谷 “頬ぷっくり打法”はイチロー氏から継承 息を止め、ためた力を一気に爆発

エンゼルス・大谷 “頬ぷっくり打法”はイチロー氏から継承 息を止め、ためた力を一気に爆発

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇ア・リーグ エンゼルス7ー8アスレチックス(2022年8月4日 アナハイム)

No image

<エンゼルス・アスレチックス> 5回、大谷は頬をふくらませながら中前打を放つ(撮影・大森 寛明)

大谷翔平ってどんな人?略歴、トリビアも!

エンゼルス・大谷とイチロー氏の打撃には、ある共通点がある。2人はともに、バットを振る直前に頬を膨らませ、インパクトの瞬間に息を吐き出す。この日の2本塁打もそうだった。

息を止め、ためていた力を一気に爆発させる効果などがあるという。大谷は尊敬するイチロー氏の頬の使い方を参考にし、日本ハム時代からぶれずに続けてきた。他の選手が大谷に影響され、さらにまねしていた時期もあった。

日米通算4367安打を誇る希代のヒットメーカーから、唯一無二の二刀流スラッガーへ。打者としてのタイプは異なるが、メジャートップの舞台で躍動する日本人打者のスタイルの一部が、確かに受け継がれている。(大リーグ担当・柳原 直之)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加