「iPhoneはAndroidと比べて価値が下がりづらい」と明らかに、その理由は?中古市場にも影響

「iPhoneはAndroidと比べて価値が下がりづらい」と明らかに、その理由は?中古市場にも影響

  • OTONA LIFE
  • 更新日:2022/05/14
No image

「世の中の製品は購入時が最も価値が高い」というのは常識だ。ごく一部、希少性などでプレミアがつく製品もあるにはあるのだが、基本的にスマホをはじめとした工業製品は購入をピークに、中古となって使用していくほどに価値が下がっていく。

今回は、そんなスマホの価値の減少具合を、実際に調査した発表についてお伝えしていきたい。

アップル・グーグル・サムスンの最新スマホの価値推移が判明する

No image

(Image:Ugis Riba / Shutterstock.com)

iPhone 13は世界中で人気を博している

アメリカのウェブメディア・SellCellは自身のブログで、アップル・グーグル、サムスンという世界のスマホメーカーとして大手の3社から発売されている最新機種の減価償却率を分析した。それぞれの機種が発売から1カ月・2カ月経過後にその価値を再判定し、中古のスマホを「新品同様」「良好」といったステータスに分類していった。

No image

(Image:SellCell)

No image

(Image:SellCell)

その結果によれば、発売2カ月での減価償却率の平均は、サムスンの「Galaxy S22」シリーズでは「良好」で平均51.1%の価値減少となり、「新品同様」でも46.8%という数字を記録した。またグーグルの「Pixel 6」シリーズも「良好」で43.5%、「新品同様」で41.5%という結果におさまった。どちらも価値が4割から5割減少したこととなり、Galaxy S22シリーズの中には2カ月後に最大で574.99ドル相当、日本円にして約74,500円(2022年5月12日時点)、の価値減少のあった機種も存在するという。

一方で、アップルの「iPhone 13」シリーズはというと、「良好」で19.1%、「新品同様」では16.4%の損失に留まっていた。とくに「iPhone 13 Pro Max(128GB)」では、2カ月後に「良好」で4.7%、「新品同様」では3.8%を記録し、2カ月でわずか52ドル(約6,740円)しか価値が減っていなかった。まさに「iPhoneはAndroidスマホと比べて、価値が目減りしない」と明らかとなったのだ。

OTONA LIFE | オトナライフ【Android】機種変更時にアプリ/データを一括移動! - Google Play経由が便利https://otona-life.com/2022/02/20/106204/機種変更の際、アプリやデータの移行がとても大変だと感じる方は多いのではないでしょうか?筆者も機種変更時には「どのデータまで引き継げて、どのデータが引き継げないのか」と不安になることがよくあります。しかし、データやアプリは簡単に一括移動することが可...

No image

OTONA LIFE | オトナライフAndroidのロックを強制的に解除することは可能? - リカバリモードなど裏ワザ解説https://otona-life.com/2022/04/29/116651/「Androidスマホのロックをどうしても解除できない。できれば端末の初期化もしたくない」と困った経験はありませんか?本記事ではAndroidのロックを解除する方法や初期化の方法について、画像付きで詳しく解説します。Androidの「画面ロック」とは画面ロックとは、ス...

No image

中古市場のiPhone人気も「目減りしづらさ」に起因する?

No image

(Image:Karlis Dambrans / Shutterstock.com)

iPhone 8は指紋認証「Touch ID」でも人気だが、そもそも使えなくなっていたら取引されることもないだろう

同じ最新機種を比較しても、ブランドによって言葉通り“桁の違う”価値の目減り具合が明らかとなったが、もしかすると、日本の中古スマホ市場の人気もそうした部分が関係しているのかもしれない。

ウェブメディア・iPhone 格安SIM 通信が発表した「2022年1~3月中古スマホ取引数ランキング」によれば、「中古iPhone端末ランキング」では2017年発売の「iPhone 8」がトップ3を独占。さらに4位以降には「iPhone 12」や「iPhone SE(第2世代)」といった2020年発売の機種が続き、8~10位に並んだ「iPhone 7」に至っては、その発売は2016年だ。

OTONA LIFE | オトナライフ早くもiPhone 12がランク入り!中古スマホ取引数ランキング【22年1~3月】https://otona-life.com/2022/04/29/117212/昨今はスマートフォンの機種代の値上がりが止まらない。高価な新品を避けて中古で購入するユーザーが増えているのか、中古スマホの販売台数は年を追うごとに増え、2021年度は初の200万台突破が予想されている。中古スマホの取引数ランキングを見ると、入れ替わりの激...

No image

一方で「中古Android端末ランキング」では、2位のソニー「Xperia XZ」こそ2016年発売と古い機種だが、1位となった「Xperia Ace II」をはじめ2021年発売の機種がトップ10のうち4種。3・4位となった「Galaxy S20 5G」「Galaxy A21」も2020年登場で、iPhoneと比較すると新しい機種が多くを占める結果となった。

今回、SellCellが分析した「減価償却率」は「耐用年数」によって変動する。長く使えるものほど価値が減りづらいと考えると、「iPhoneの価値が目減りしづらい」=「iPhoneは長く使える」→「古いiPhoneも中古市場で積極的に取引される」ともいえそうだ。

iPhoneが古い機種でも長く愛される理由が、またひとつわかったかもしれない。

引用元:【SellCell

※サムネイル画像(Image:SellCell)

OTONA LIFE | オトナライフ歴代iPhoneのサイズ比較 - 大きさ・重さ・画面サイズ一覧【iPhone8 ~ iPhone13】https://otona-life.com/2022/03/29/111404/iPhoneを選ぶ際、大きさや重さで機種を選ぶという人も多いはず。しかし歴代iPhoneの重さ・大きさ・画面サイズを機種ごとに一台ずつ調べるのは手間がかかります。そこで今回は、iPhone8以降の歴代iPhoneのサイズを比較し、大きさやサイズ、重さなどを一覧にまとめまし...

No image

OTONA LIFE | オトナライフ【通話中のいらない雑音を即座にカット!】iPhoneのマイクモード(声を分離)機能...https://otona-life.com/2022/03/16/109817/何かと忙しい毎日の中、時間は有効に使いたいものだ。「ドライヤーをかけている間の時間がもったいない!」「その間に電話をしたい!」。そんなことを思った経験はないだろうか!?実はiPhoneには、それを可能にする機能が備わっている。らっとさん(@ratracer1985)...

No image

By OTONA LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加