東京・大阪“大規模接種” 予約は民間委託を検討

東京・大阪“大規模接種” 予約は民間委託を検討

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/05/04
No image

動画を見る(元記事へ)

24日に開設を目指しているワクチンの大規模接種会場について、政府は受け付けや予約などを民間へ委託することを検討していることが分かりました。

ワクチン接種を加速させるための「大規模接種センター」。会場の設営などを行う防衛省は東京に続いて大阪府立国際会議場に設置することを発表しました。

緊急事態宣言が出ている大阪、京都、兵庫の住民を対象にする方向で調整していて、東京会場と同様に今月24日からの開設を目指しています。

岸防衛大臣は4日にテレビ朝日の番組に出演し、民間と協力して接種態勢の整備を進めると明かしました。

予約方法についてはインターネットを中心にコールセンターなども検討されているそうですが、ネットに不慣れな高齢者も多く、電話申し込みが殺到すればつながらなくなる可能性もあります。

ワクチンの予約を巡っては3日、横浜市で集団接種の受け付けが始まりましたが、専用サイトとコールセンターにアクセスや電話が集中し、わずか45分で中断となる事態に…。

新たに別のサーバーを設置して処理の容量が大幅に増えたとして、5日午前9時から受け付けを再開すると発表しました。

一方、オンライン予約についてワクチンの接種をススマートフォンを使って手続きできるサービスなど提供する企業もあり、病院で導入が始まっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加