2020年版ヘッドホン最新モデルおすすめ10選!高コスパモデルから一生モノとして使える名機まで厳選

2020年版ヘッドホン最新モデルおすすめ10選!高コスパモデルから一生モノとして使える名機まで厳選

  • @DIME
  • 更新日:2020/10/17
No image

音楽、映画鑑賞だけでなく、最近ではゲームで利用する人も増えているヘッドホン。各メーカーから多種多様なモデルが発売されているため、「どれを選べばいいかわからない」という方も少なくないだろう。

そこで本記事では、2020年版おすすめヘッドホンを紹介する。価格、音質、ワイヤレスなど自分のこだわりたい部分に注目しながら、各製品を比較してほしい。

【目次】

・コスパが良いと評判のヘッドホン

・有線タイプのヘッドホン

・ワイヤレスヘッドホン

コスパが良いと評判のヘッドホン

はじめに、コスパが良いと評判のおすすめヘッドホンを紹介する。価格が手頃で多機能、高音質なイヤホンを探している方は要チェック。

Pioneer ヘッドホン SE-MS5T

No image

Pioneer SE-MS5Tは、"コスパ最強"と評判のヘッドホン。低価格であるにもかかわらずハイレゾに対応しており、高音質で音楽が楽しめる。大口のドライバーを採用することで、よりパワフルに低音域から高音域までをカバー。ソフトなイヤーパッドが快適な装着性を実現し、長時間の使用にでも耳が痛くなりにく。ハンズフリー通話にも対応している。「ハイレゾサウンドを試してみたい」という方におすすめ。

audio-technica ヘッドホン ATH-M20x

No image

日本の老舗ブランドaudio-technicaのATH-M20xは、フラットな出力が人気のヘッドホン。どの音域もバランス良く聴き取れるため、録音スタジオで使われることもある実力派だ。ノイズキャンセリング機能は非搭載だが、イヤーパッドの遮音性が高く没入感も味わえる。映画鑑賞、動画編集、DTM用としてもおすすめ。

JVC ヘッドホン SOLIDEGE/N_W

No image

JVC ヘッドホン SOLIDEGE/N_Wは、重低音重視のハイレゾ対応ヘッドホン。伝送スピードの早い"振動板"を採用することで、キレが良く、パワフルなサウンドを実現した。イヤーパッドには柔らかいレザーを使用し、付け心地も抜群。メタル素材を取り入れたハウジングのデザインも人気の理由だ。音質、デザインともに重視したい方におすすめ。

有線タイプのヘッドホン

ここでは、音質重視の方におすすめしたい有線タイプのヘッドホンを紹介する。用途に合わせて最適な一台を選んでほしい。

DENON ヘッドホン AH-D1200

No image

DENON AH-D1200は、音質の良さはもちろん耐久性にも優れたハイレゾ対応ヘッドホン。ヘッドバンドとイヤーパッドに高い耐久性を備えた素材(人工皮革のおよそ2倍)を使用しており、フィット感も良い。また、コンパクトに折りたたむことができるため、持ち運びを前提としている方にもおすすめだ。しっかりとした低音はもちろん、中高音域の抜けも良く、聴く音楽のジャンルを問わず活躍する1台。

SONY MDR-M1ST

No image

MDR-M1STは、SONYが4年以上もの歳月をかけ開発した音質重視のヘッドホン。低音域、高音域もしっかりと聴こえるが、特に中音域に定評のある1台だ。ドライバーユニットは独自開発したものを使用し、各楽器の配置や空気感までも再現してくれる優れもの。体を動かした時に発生しやすいジョイント部には"シリコンリング"を採用し、ノイズを低減させている。こちらもDTMにもおすすめ。

FOSTEX プレミアムリファレンスヘッドホン TH900mk2

No image

FOSTEXのプレミアムリファレンスヘッドホンTH900mk2は、音質にとことんこだわる方におすすめの1台。価格は20万円以上と決して安くはないが、一生モノを探している方には有力な選択肢になるはず。"音の分離"に優れており、各楽器の音色を忠実に再現。まるで生演奏を目の前で聴いているかのような感覚が味わえる。音楽はもちろん映画鑑賞にもおすすめだ。今まで味わったことのない臨場感を体感してみては。

ワイヤレスヘッドホン

最後に、ワイヤレスの中でも特におすすめのヘッドホンを紹介する。ケーブルの煩わしさから解放されたい方、移動中に使用したい方はワイヤレスを検討しよう。

KOSS Porta Pro Wireless

No image

アメリカの老舗メーカーKOSSのPorta Pro Wirelessは、重量わずか320gと軽量な開放型ワイヤレスヘッドホン。PCやスマホに接続すると、ヘッドホンのリモコンから再生や停止などの操作を行うことができる。フル充電で12時間ほど使用でき、コンパクトに折りたたむことができるため持ち運び用としてもおすすめ。通話にも対応しているため、テレビ会議などでの使用にも最適だ。

SoundPEATS ゲーミングヘッドセット

No image

SoundPEATS ゲーミングヘッドセットは、オンラインゲームやゲーム実況などに最適な1台。マイクにはノイズキャンセリング機能が搭載されており、高い没入感がえられるのも魅力の一つだ。本体の重量は223gと軽く、長時間の使用でも疲れにくい。左のパッドからは音量の調整も可能。価格も手頃なので、ゲームやWeb会議をする頻度が高い方は1台持っていて損はないはず。

SONY WH-1000XM4

No image

SONY WH-1000XM4は、2020年9月発売の最新モデル。ワイヤレスでありながら、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能とハイレゾ級の高音質を備え、長時間使用にも対応している。同社が独自開発した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」をさらに活かすための新アルゴリズムを搭載したことで、中音域の騒音に対するキャンセル性能が向上。より快適に音楽に没入できるモデルになった。

BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

No image

2020年7月に発売されたBOSEのNOISE CANCELLING HEADPHONES 700は、長時間の使用に適したワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホン。洗練されたデザインも魅力の一つだが、イヤーカップに人間の耳、頭の形状に合わせた15度の傾斜がついており、自然な付け心地も人気の理由だ。さらに、プロテインレザー製のイヤークッション、スチール製ヘッドバンド下側のソフトシリコンカバーのクッションが、しっかりとフィット。長時間使用しても疲れにくい工夫が随所に施されている。ノイズキャンセリング機能は11段階で調整ができ、周囲の状況に応じて使い分けられるのも魅力だ。

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

文/oki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加