「怠惰なプレッシャーだ」モウリーニョ監督が不満を漏らす

「怠惰なプレッシャーだ」モウリーニョ監督が不満を漏らす

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/09/14
No image

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が開幕戦を振り返り不満を語った。イギリス『スカイスポーツ』が14日に伝えている。

トッテナムは13日、プレミアリーグ第1節でエバートンと対戦した。序盤からチャンスを作り出していたトッテナムだが、後半10分、エバートンFWドミニク・カルバート・ルーウィンに決勝点を奪われ、0-1で敗れた。

敗北を喫した指揮官は『スカイスポーツ』のインタビューに次のように話した。

「プレッシャーをかけないことによって苦しいシチュエーションを作ってしまった。怠惰なプレッシャーだ。相手にプレッシャーをかけないことで素晴らしいクオリティーを持った選手に後ろからビルドアップをさせてしまった」

「私の何人かのプレイヤー達はフィットしていないと思った。例えば、マット(・ドハーティ)は自分のプレーや求められてるプレーをするのに苦労していた。他にもフィジカル的に何らかの問題を抱えている選手がいた。だが、私の親愛なる友人カルロとエバートンの選手たちにはおめでとうと言いたい」

モウリーニョは自チームの選手のコンディションやパフォーマンスに不満を持っているようだ。

●プレミアリーグ2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加