「甲羅をこすって!」アオウミガメが飼育員におねだり

「甲羅をこすって!」アオウミガメが飼育員におねだり

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/25
No image

動画を見る(元記事へ)

カメが掃除をする飼育員の邪魔に。いえ、ブラシに近付いたのにはちゃんと理由がありました。

小笠原諸島の父島にある水産センターの「小さな水族館」では毎朝ブラシで水槽の底を掃除します。

そこに近付いてきたのが1匹のウミガメです。

邪魔をしようというのかブラシの動きに合わせて、下に潜り込もうとします。

実はこれ、「甲羅をこすってもらうためのおねだり」だということです。

アオウミガメの「しろちゃん」は甲羅をゴシゴシされるのが大好きで、掃除が始まるとすぐ駆け付けます。

そして、ゴシゴシこすってもらうとゆらゆらと気持ち良さそうにします。

その理由について飼育員は「甲羅のごみを取ってもらうため、あるいはゴシゴシが気持ち良く気に入ったからでは」と考えています。

しろちゃんは生まれてすぐ島の住民に保護され、6年前にこの水族館にやってきました。

今では体長およそ60センチ、体重は25キロほどまでに成長しています。

この日はこすり方が足りなかったのか、飼育員がやめた後も再びブラシを追い掛け、「もっとこすって」と追加をおねだりしたということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加