巨人・戸郷 7回2失点でセ単独トップ5勝目も原監督は苦言「あえて言わしてもらうと詰め」

巨人・戸郷 7回2失点でセ単独トップ5勝目も原監督は苦言「あえて言わしてもらうと詰め」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/15

◇セ・リーグ 巨人5―2中日(2022年5月13日 東京D)

No image

<巨・中>7回2失点の好投を見せた巨人先発・戸郷(撮影・沢田 明徳)

原辰徳ってどんな人?略歴、トリビアも!

巨人・戸郷が7回5安打2失点でリーグ単独トップの5勝目。2―1の6回2死からビシエドに抜けたフォークを左翼席に運ばれた場面を反省し「ああいうのを少なくしないと勝ちは巡ってこない」と反省した。

8回は今村が無失点で、9回も大勢が無難に締めてリーグトップ独走の14セーブ目を挙げたが、原監督は「エースとしてチームを背負ってもらいたい投手ですから、あえて言わしてもらうと詰めという点」と戸郷に注文をつけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加