ナダル 熱戦制し14度目の4強

ナダル 熱戦制し14度目の4強

  • tennis365
  • 更新日:2021/06/10
No image

ベスト4へ進出したらナダル : 画像提供 ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、男子シングルス準々決勝が行われ、第3シードのR・ナダル(スペイン)が第10シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-3, 4-6, 6-4, 6-0で下し、5年連続14度目のベスト4進出を果たした。

>>ジョコビッチvsベレッティーニ 1ポイント速報<<

5年連続14度目の大会制覇を狙うナダルは、フォアハンドウィナーやリターンエースを決めて第6ゲームをブレーク。第7ゲームで追いつかれるも、そこから2ゲームを連取してセットを先取する。

続く第2セットではシュワルツマンに2度のブレークを許し、今大会初めてセットを落とす。

第3セットは互いにサービスゲームをキープする拮抗状態に。ナダルがフォアハンドの回り込みで攻めのプレーを見せて第8ゲームから3ゲームを連取してセットを獲得し、勝利に王手をかける。

第4セットでナダルは、ダブルフォルトを犯すなどミスが増えたシュワルツマンから6ゲームを連取して圧倒。2時間半を超える熱戦を制し、勝利した。

準決勝では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第9シードのM・ベレッティーニ(イタリア)の勝者と対戦する。

前日の準々決勝では第5シードのS・チチパス(ギリシャ)と第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)が4強へ駒を進めた。

※タイトルに誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。

[PR]全仏オープンテニス5/30(日)~6/13(日)WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加