落合博満氏 中日監督時代の秋季キャンプで「練習量」を求めた理由「頭で理解してできても...」

落合博満氏 中日監督時代の秋季キャンプで「練習量」を求めた理由「頭で理解してできても...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/11/26

現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が25日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新。04年から就任した中日監督時代の秋季キャンプについて語った。

No image

落合博満氏

落合博満ってどんな人?略歴、トリビアも!

落合氏は2004年から「全権」を任される形で中日の監督に就任しいきなりリーグ優勝。07年にはチームを53年ぶりの日本一に導いた。11年は球団史上初の2年連続リーグ優勝。任期8年間すべての年でAクラス入りを果たし、リーグ優勝4回、日本一1回の「常勝チーム」をつくり上げた。

その土台となった秋季キャンプでは「全員に過酷な練習はさせた」とし、選手たちを見る上で一番チェックしていたのは「練習量」だと明かした。「オレが与えるだけの練習量こなせるかどうか。それだけの体力があるかどうか」と選手たちの体力をチェックしていた。

また、野球の指導は「野球を勉強するっていう形から教える人と、体力強化からするっていう2通りあるんだろうと思う」と2パターンに分けられるとした。落合氏は野球脳を鍛えることよりも「まず野球をやる体力をつけるのが先決」と体力強化を選んだ。

その理由について「どんだけ頭で理解してそれができても体力がなければ、それが発揮できなくなるんでね。まず年間通してやるだけの体力をつけるのが、うまくなる秘けつだろうということで体力強化から」と秋季キャンプで練習量を求めた意味を明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加