太平洋島しょ国と気候などで連携へ、米主導支援枠組みが外相会合

太平洋島しょ国と気候などで連携へ、米主導支援枠組みが外相会合

  • ロイター
  • 更新日:2022/09/23

[ワシントン 22日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は22日、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどと、太平洋の島しょ国を支援する枠組み「ブルーパシフィックにおけるパートナー(PBP)」の外相会合をニューヨークで開催した。

No image

米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官は22日、南太平洋で影響力を拡大する中国の動きが一部島しょ国の指導者の懸念要因になっていると指摘。その上で、米国と太平洋島しょ国のパートナーシップの強化は、気候変動、衛生、技術の連携などに対処することを目指していると述べた。マニラで2012年12月撮影(2022年 ロイター/Cheryl Ravelo)

会合終了後、米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官は、南太平洋で影響力を拡大する中国の動きが一部島しょ国の指導者の懸念要因になっていると指摘した。その上で、米国と太平洋島しょ国のパートナーシップの強化は、気候変動、衛生、技術の連携などに対処することを目指していると述べた。

PBPは6月に設立。米政府高官によると、カナダとドイツが正式に参加する意向という。

キャンベル氏は「いくつかの事例で見てきたように、中国は明らかに太平洋地域に対し野心を持っており、一部島しょ国指導者を懸念させている」と述べた。一方でPBPは、島しょ国のニーズに対応することになると説明。「島しょ国にとって国家の安全保障には環境が含まれる。気候変動は非常に重要な問題だ」と述べた。

またPBPが島しょ国間の接続の充実化に取り組んでいるとし、米国、オーストラリア、日本が太平洋海底ケーブルの整備事業に参加していると述べた。

バイデン米大統領は28─29日に島しょ国との首脳会合を開催する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加