言葉の愛情表現がなくても大丈夫 彼女を本気で好きな彼氏がとりがちな行動

言葉の愛情表現がなくても大丈夫 彼女を本気で好きな彼氏がとりがちな行動

  • fumumu
  • 更新日:2023/09/19
No image

普段からわかりやすい愛情表現をしてくれない彼氏だと、不安になることもありますよね? ですが、行動から愛情がにじみ出ています。

そこでfumumu取材班は、彼女を本気で好きな男性がとりがちな行動を聞きました。

■思い出をたくさん作ろうとする

「楽しい思い出をたくさん作ろうとしてくれるのなら、絶対に彼女のことが好き! 『ふたりの時間を大切にしている=愛している』で間違いないと思う。

普段のスキンシップが足りなくても、『好き』って言われなくても、付き合っていてこの状態なら、彼の中の彼女の優先順位は高めだよ。

好きじゃない相手、今だけの相手といろんな思い出を作ろうなんて、普通はしないから大丈夫。思い出を作るってことは、長く一緒にいたいと思っているはず」(30代・女性)

関連記事:言葉だけでは物足りない…! 彼に行動で愛情を示してもらう方法とは?

■ちょっとしたプレゼント

「出張の際、以前に『好き』って言っていた物を見つけて買ってきてくれる。一緒に出掛けた際、買おうか悩んでいると買ってくれる。そんなふうに彼氏が何かと自分に対し“ギバー”なら、彼なりの愛情表現なんだと思うよ。

好きな相手には、できる範囲でなんでもやってあげたくなるって人が多いもん。特に、普段からちょっとしたプレゼントをするって人は多い」(20代・女性)

関連記事:「好きだったのに…」 彼への愛情表現を怠ったばかりに起きた悲劇

■役に立とうと動く

「本当に好きな相手に対しては、役に立とうと自分の時間を割いて動く人が多いよ。例えば相談したときに親身になってくれたり、ネットとかでいろいろ調べてくれたりするのなら、愛情がある。

わかりやすい愛情表現がなくても、親身になってくれる、こちらのために動いてくれるのなら、不安になる必要はないでしょ。

それにこういう彼氏って、普段から彼女のことを気にかける発言が多いんじゃない?」(30代・女性)

彼に本当に好かれているかは、言葉よりも行動を見たほうがいいです。言葉での愛情表現は、誰でも簡単にできてしまいますが、行動での愛情表現は「好き」という気持ちがないと、なかなかきませんからね。

(文/fumumu編集部・美佳)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加